こどもと歩く大阪散歩ノート

USJへ、4~6人での家族旅行を計画中なら、兵庫県尼崎市にある「都ホテル ニューアルカイック」がおすすめです。

車での旅行はもちろん、飛行機や新幹線での旅行の方にも、とても便利に行き来できるホテルなんですが、「大阪」で検索すると出てこないので、けっこうマイナーな穴場ホテルだったりするんです。

なぜ穴場なのかというと、「大阪」でホテル検索すると出てこないのですが、USJへは、大阪市内のホテルと変わらない時間で行き来できる距離にあるからなんです。

車だと、下道を使ってもビックリする位近いですし(約20分)、電車でも、JRのユニバーサルシティ駅から2駅の西九条で、阪神線に乗り換えて、各停で6駅、時間にしてわずか約20分です。

あと、どうでもいい情報ですが、我々阪神タイガース・ファンの聖地「甲子園球場」まで、尼崎の駅から、急行でたったの5分で行けます(笑)。

しかも、伊丹にある大阪空港にも、新幹線の駅・新大阪にも近いんです。

あらゆる角度から、思いっきり穴場のホテルなんですよね。

私もほんの数年前まで、このホテルの存在を知らなかったのですが、地方の友人が「尼崎アルカイック・ホール」で韓流スターの舞台があった時に、予約しようと試みたホテルで(結局、予約がいっぱいで取れなかったけど)、それをきっかけにこのホテルの存在を知るようになりました。

このホテルは、一昔前のホテルで、お部屋の造りがけっこう広くて、和室もあるんです。

前にご紹介した、大阪市中央区の「ホテル・アウィーナ大阪」も、一昔前に作られたホテルで、広い和室や広いお部屋がありました。
(7~8人家族でも泊まれる和室について紹介した、「ホテル・アウィーナ大阪」の過去記事は、こちら

で、この尼崎の「都ホテル・ニューアルカイック」は、そのお部屋の広さから、家族4人のファミリーで泊まるのにも適したホテルで、今日は、参考までにおすすめプランを2つご紹介します。

【91平米のロイヤル・スイートルームに、4人で泊まれるプラン】
スイート・ルームなのに、4人で泊まったら、一人税込20,000円~で泊まれちゃうプラン。

【64.4平米のジュニア・スイートルームに、4人で泊まれるプラン】
スイート・ルームなのに、4人で泊まったら、一人税込12,000円~で泊まれちゃうプラン。

まるでマンションみたいな広さで、ビックリですよね・・・。

こんな広いお部屋に、大阪市内では絶対無理なお値段で泊まれちゃいます。

しかも、大阪市内のホテルとUSJまでの距離が変わらないから、オトクですよね~♪

⇒ 都ホテル・ニューアルカイック
 「スイート・ステイ・プラン」の詳細はこちら

【8畳+4.5畳(45.5平米)の和室、4人で泊まれるプラン】
ふすまで仕切れる和室が、2間続きのお部屋で、4人で泊まると、一人税込17,879円~。

なぜだか、上記のジュニア・スイートのプランの方が安いという、不思議な和室プラン。

でも、この2間続きの和室は、3世代旅行とかですごく便利なんですよ。

私も以前、違うホテルで2間続きの和室に泊まったことがあるんですが、ジジババ達は早く寝るので、ふすまで仕切って早めに休んでもらうことができるんです。

家族とはいえ、普段別々の生活をしているジジ&ババと子世帯なので、襖で仕切ったところで、音は漏れるんですが、多少プライバシーが確保されて、お互い気持ちが落ち着くんですよね。

それに、靴を脱いでどこでもゴロ~ンとできる快適さは、洋室では得られない感覚です。

これらは、実際に2間付きの和室に泊まった私が実感したことで、「3世代のファミリー旅行の時は、またこの部屋タイプに絶対泊まろう」と思っているので、同じような旅行プランの方は、2間続きの和室も一度検討してみることを、強くオススメします。

⇒ 都ホテル・ニューアルカイック
 「スタンダード☆ホテルプラン
」の詳細はこちら

上記2つの「スイート・ステイ・プラン」は、大人2名以上で泊まると、「ベッド一台につき幼児の添い寝が無料」になるので、幼児が2人いると、最大6人で泊まることも可能なんです。

家族4~6人で、車でUSJに旅行する方には、なかなかオトクで便利なホテルですよ。

⇒ 【都ホテル・ニューアルカイック】
  施設情報はこちら<楽天トラベル>

★【都ホテル・ニューアルカイック 交通情報】 ───────────★

USJへは、阪神・尼崎駅から、阪神・西九条駅でJRに乗り換え
ユニバーサルシティ駅まで、約20分。

阪神・梅田駅より、阪神・尼崎駅まで、約7分

USJへは、車で、約20分

駐車場: 118台(1泊1台につき500円)

──────────────────────────────

最後まで読んで下さりありがとうございます。 この記事が何かのお役に立てたら幸いです!
 blogramによるブログ分析 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。