こどもと歩く大阪散歩ノート

先週の『MOCO’Sキッチン』では、もこみち君が、シンガポールでお料理を作っていましたね。

毎朝リアルタイムで見ることができないので、週末にまとめて録画を見たのですが、いつも会場となっていた『屋上広場の特設キッチン』が、ロケーション的にもインテリア的にもとっても素敵で、すごく気になりました。

ウッディでオシャレな感じで、高さは19階らしいのですが、今やすっかりシンガポールのシンボルとなった、『マリーナベイサンズ』など見渡せて、とにかく見晴らしがいいんです。

(写真は、2枚とも番組サイトからのキャプチャ:『MOCO’Sキッチン|ZIP!』

スポンサーリンク

屋上広場の特設キッチンがあるホテルは?

画像引用:楽天トラベル

テレビの字幕によると、『Hotel JEN Orchardgateway Singapore』というホテルだそうです。
(読み方は『ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール』)

「へっ?そんなホテル、知らんな~」と思って調べたら、2014年9月にオープンしたばかりの、新しいホテルなんですね~。

そういえば私、子供が生まれてから、一度も、海外旅行に行ったことなかったんだっけ・・・

十年一日の、時の流れを感じてしまいました(笑)

特設キッチンのある屋上広場は?

ちなみに、特設キッチンがあった場所は、19階屋上広場。下の写真を見ると、プールの一番奥、ソファとテーブルがある辺りが、ロケ場所だったことが分かります。

画像引用:じゃらん

テレビを見た時に、反射的に「マリーナベイサンズのネオン・ショーが、よく見えそうだな~」と思いました。じゃらんさんのサイトに、写真がちゃんとありました。キレイですね~♪

画像引用:じゃらん

ところで、この屋上プール、プールに入ってる人の目線の高さから見ると、ものすごい既視感あるんですけど・・・、と思ったんですが。

画像引用:楽天トラベル

縁に透明の手すりがあるので、厳密には『インフィニティ・プール』とは言えないんでしょうけど、『マリーナベイサンズ』の屋上プールにそっくりですよね。

屋上をこんな風にするデザイン(設計?)が、今流行ってるんでしょうか?

ちなみに、『マリーナベイサンズ』の、屋上プール(インフィニティ・プール)と、ウッドデッキの写真はこちら↓

画像引用:楽天トラベル

規模も地上からの高さも、スケールが違いますが、ウッドデッキの感じといい、雰囲気だけはクリソツです。

『ホテル ジェン』とは?

画像引用:楽天トラベル

『ホテル ジェン』というのは、『シャングリ・ラ系列』の新ブランドで、こちらの『ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール』は、その1号店なんですね。

『シャングリ・ラ』の、プレス・リリースを引用します。

シャングリ・ラ
インターナショナルホテル マネージメント リミテッド(本社:香港
代表取締役社長:グレッグ・ドーガン)は、2014年8月25日、新ブランド「ホテルジェン」の導入を発表しました。清潔でフレンドリー、そして手間がかからない新ブランドの「ホテルジェン」

は自立した精神を持つ新世代のビジネスやレジャーの旅行者を対象に、この3つのコンセプトを掲げています。2015年3月までを目途にアジア太平洋地域の主要都市において、10軒の「ホテルジェン」を開業することを予定しています。

ちなみに、シンガポールの他には、中国・香港や、マレーシアなどに展開しています。

 とにかく便利な場所にあるホテル

画像引用:じゃらん

立地は、 オーチャードロード沿い。ホテルの地下が、地下鉄(MRT)・サマセット駅と直結になっています。

『オーチャード・ゲートウェイ 』という、ショッピングセンターとも直結しています。

サマセット駅と言っても、土地勘がなくてピンとこない方は、一番賑やかなオーチャード駅のお隣というと、分かりやすいかもしれません。

宿泊料の相場は?

画像引用:楽天トラベル

今現在のシンガポール・ドルを、仮に75円として、ざっくり計算してみると、素泊まりなら、2人部屋・1室あたり、だいたい2万円弱から、5万円弱までの価格帯で泊まれます。

ちなみに今日(2016年10月19日)、じゃらんで、一番安価なお部屋(素泊まり)はこちら。

 

「えっ?シンガポールにしては、安すぎ??」 と思って調べたんですが、ホテルのランクは、四つ星クラスなのですが、「ホテル」というより、余計なサービスを排した、「シティ・ホテル」という感じです。

色々なサイトで実際に泊まった方の口コミを拝見しても、カジュアルな「マンション」タイプの宿、あるいは、「レジデンス」タイプのホテル、という意見が多かったです。

シンガポールは、安い物は安いけど、高い物は日本より割高なので、利便性とコストを両立させた旅行をしたい方にとっては、コスパに優れたホテルではないでしょうか。

【ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール についての詳細はこちら】

⇒ じゃらんでチェックしてみる
⇒ 楽天トラベルで詳細をチェック

いつか、子供と一緒に訪れたい国が、シンガポールです。

画像引用:じゃらん

私は、初めての子連れ海外旅行は、シンガポールを第一候補にしていました。

チビの病気やアレルギー、発達関係の問題もあって、国内旅行でさえ二の足を踏むのですが、海外となると、なかなか決心がつかず。

いつのまにやら、安く海外に連れていける年齢を越しちゃいましたが・・・(笑)

時差も少なく、街が清潔で、日本人に好意的な人が多く、日本語も通じやすくて、治安がよく、自力で地下鉄であちこち行けて、私的に大好きな国の一つです。

今回、『モコズ・キッチン』のシンガポール特集を見て、 「近い将来、チビと2人で、シンガポールの街歩きをしたいな~♪」という想いが、強烈に出てきました。

まずは、一生懸命働いて、お金を貯めるところから始めたいと思います(笑)。

ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール
⇒ じゃらんで詳細をチェックしてみる
⇒ 楽天トラベルで詳細をチェックしてみる

最後まで読んで下さりありがとうございます。 この記事が何かのお役に立てたら幸いです!
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。