こどもと歩く大阪散歩ノート

滋賀県に草津、という所があるんですが、今年、その街から突然、約3700人が消えた、というニュースがテレビで放映されていました。
(写真は、立命館大学HP『政策科学部・研究科は2015年に大阪いばらきキャンパスに移転しました』のページより引用)

スポンサーリンク

大学キャンパスが移転するだけで人口が3700人減るとは・・・

これは立命館大学の学部移転による影響なんだそうですが、あるマンションは、95室中55室が、この3月に空いて、その後、新入学生が来ないので、1室も埋まってないそうで・・・

家賃が、45000円から25000円にまで下がるケースもあるんだそうです。

そして、通常4月は新規入会が一番多いはずのレンタルビデオ屋さんも、お客さんが減少。

その他のお店も、お客さんが軒並み減少。

さらに、「お客さん」だけじゃなく、居酒屋さんなどの「アルバイトさん」も、全然集まらない。

ということで、街の人が困惑気味に、地元の経済の低迷についてコメントしていたのですが、面白かったのが、男子学生のコメント。

「女の子の割合が減った」

え~っつ!?
一番の懸案事項が、キャンパスから女の子が減ったこと~?(笑)

でも、カワイイですよね。

ちょっと、笑っちゃいました。

確かに学生のころ、サークルの男子は、かわいい新入学生を勧誘するのに、命掛けてました。

なので、前出の男の子は、正直&健全でよろしい!(笑)

でも、この大学の学部移転による人口の流出って、あまり全国的なニュースにならないので、マイナーなんですが、実は、最近あちこちで問題になっているようですね。

今回の草津市みたいに、20年間もそこにあったものがなくなると、確かにその影響は大きいです。

ただ、大学もいろいろと工夫をしていかないと、経営が立ち行かない時代です。

これから先、ますます子供が減ってくるので、こういった問題はさらに増えていくのではないでしょうか。


消える大学 残る大学―全入時代の生き残り戦略

最後まで読んで下さりありがとうございます。 この記事が何かのお役に立てたら幸いです!
 blogramによるブログ分析 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。