こどもと歩く大阪散歩ノート

「大家族で、一部屋に泊まりたい」、しかも「なるべく格安で」という要望を
大阪市内で叶えるのは、なかなか難しいんですが

「ホテル」ではなく、「旅館」にまで、探す範囲を広げると
意外に、掘り出し物の宿泊プランがあるものです。

たとえば、一泊4,600円(税込)で、18畳の和室に泊まれる『今里旅館』というお宿。

最大8人で泊まれるのですが、布団を8組敷いても、余裕の広さです。

古い宿泊施設は、意外に広いお部屋が多かったりするんですが、こちらの宿もその一つ。

元々、ビジネスマンが出張に使う、ビジネス旅館として大人気で
大阪市東成区の、下町の中にある、昭和の懐かし雰囲気の建物です。

今里旅館は、レトロ感や、あまり知名度がない
風呂・トイレが共同(バス・トイレ付の部屋も有)という点があります

しかし、『スタッフがフレンドリー』 『隅々まで掃除が行き届いている』
加えて『個別の要望に親切に対応してくれる』真心こもった、ていねいなサービスで
宿泊した人たちの口コミが、非常に高評価なんです

高いホテルに泊まっても、掃除がイマイチでガッカリ
フロントも食事会場も混み混みでゲンナリ、みたいな体験
ここだけの話、ありますもんね・・・。

あと、子連れの方が高い評価を付けているのが気になるのですが
これは、私も子育て世代なので、なんとなく分かります。

畳のお部屋の中の目の届く範囲内で、子供を見守りながら
自分も体を休められるのは、意外にありがたいものですよね。

しかも、子供料金設定があって、小学生が大人料金の70%、幼児は大人料金の50%。

さらに、布団のいらない幼児は、大人との添い寝で、一泊1,000円。

駐車料金は、1泊500円なので、車での家族旅行で
リーズナブルな宿を探している人にも、とてもおすすめ。

『絶対、新しいホテルじゃないとダメ』 『風呂・トイレ共同はNG』
『絶対USJの近くじゃないと嫌』など、宿泊施設への強いこだわりがある方でなければ
一泊4,600円の和室の宿は、家族旅行のコスパ的に、大阪市内でも最高レベルです。

ちなみに、宿泊料金のシュミレーションをしてみました。
3世代の大家族で、1人、税込4,600円として、18畳和室に泊まった際の、宿泊費

(大人4人、小学生3人、計7人)

大人: 4,600円 × 4人   =18,400円
子供:(4,600円×0.7)×3人= 9,660円
—————————————————-
合計: 28,060円

※駐車場を使った場合は、さらに500円プラス

7人で泊まって、「駐車場込みで2万円代」って、そうそうないんじゃないでしょうか。

 
さらに格安なお部屋をお探しなら、10畳の和室があります。
家族4人で、一人・税込3,900円で泊まった時の一例を作ってみました。

大人2人、小学生2人の、4人家族で、10畳和室に泊まった際の、宿泊費

大人: 3,900円 × 2人   =7,800円
子供:(4,600円×0.7)×2人= 5,460円
—————————————————-
合計: 13,260円
※駐車場を使った場合は、500円プラスになります。

4人で15,000円を切るお値段で、泊まれちゃうんですね~(驚)

ちなみに、共同のお風呂は家族風呂なので
家族貸切風呂と思って入れば、むしろいい思い出になりそうです。

⇒ 10畳和室・宿泊プランの詳細はこちら

交通については、USJなら、近鉄今里駅から30分前後で行き来できますし
車なら、ホテル直近の道路・国道308号線に出てから
USJのある、湾岸地域に向かうことができます。

この道路は、西へ向かうと大阪のビジネスや娯楽の中心部
東へ向かうと歴史の街・奈良に通じていて、とっても便利なんです。

USJなら、国道308号線から、中央大通りに出て下道で行くか
阪神高速を使うか、どちらかですが、地元民的に言うと
今里から、USJの距離に高速を使うのは、非常にもったいないです

ちなみに、私は今里旅館の、隣りの区に住んでいますが
北港・南港エリアまで車で行くのに、高速は使いませんし
車ではなく、ほぼ大阪市営地下鉄か、JRでお出かけしています

USJは、家族全員で入った場合
チケット代、食事、お土産代だけで、とてもお金が掛かってしまいます

せめて『体を休めるの宿だけでも節約を・・・』という人には
『今里旅館』はぴったりなので、興味のある方は
是非、詳細情報や、生の口コミをチェックしてみて下さいね

⇒ 『今里旅館』の詳細はこちら

最後まで読んで下さりありがとうございます。 この記事が何かのお役に立てたら幸いです!
 blogramによるブログ分析 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。