こどもと歩く大阪散歩ノート

うちの地元近くにある、『なんばオリエンタルホテル』は
ホテルロビーまでの場所が分かりにくいと、レビューに、よく書かれています。

なので今回、公式サイトにあるアクセス案内よりも細かく
入口からロビーまでの、写真を撮ってきました。

はじめて訪れる方は、よろしければ、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

なんばオリエンタルホテル入口からロビーまで

こちらは、なんばオリエンタルホテルの入っているテナント・ビルの入口です。

以前、オリエンタルホテル周辺の写真をご紹介したことがあるので
今回は、この回転ドアから中について、取り上げたいと思います。
(ヨシモトからホテル迄の道案内を兼ねた、ぶらり散歩の記事はコチラへどうぞ)

回転ドアから中に入り10メートルほど直進すると
レトロ調の、エレベーターがあります。

このエレベーターに乗って、3階まで上がると、ホテルのロビーになります。

3Fから上のホテル客室部分には、ロビーの奥にある
別のエレベーターに乗らないと、上がれないようになっています。

1~2階部分にある、『ダオーレ』という商業施設(お食事エリア)と
3階より上のホテルが、きっちり分離されているので、安心ですね。

エレベーターの行先ボタンも、少ないので分かりやすいです。

 

エレベーターが3階に着いて、ドアが開くと
さっきまでの、難波・千日前の喧騒が別世界に感じる
静かで上品な、エレベーター・ホールに到着します。

ホテルの外のゴチャゴチャ感と、ホテル内の上品な雰囲気の間に
こんなにギャップを感じるホテルは、日本国内には、そうそうないと思います。
(香港とかに行くと、こういうギャップは、よくあるんですが(笑))

 

エレベーターを出て、左を向くと、『ロビー』
その奥に、『フロント』があります。

 

夕方の5~6時という、中途半端な時間だったからか
ロビーには、人がほとんどいませんでした。

私は、宿泊客ではないので、ここから先は遠慮しました。

なので、写真はここまでです。

この『なんばオリエンタルホテル』は
難波を起点に大阪を回るのに、とっても便利なので
一度その便利さを体験した人は、定宿にする方が多いのですが

難波の中でも、最も騒々しくゴミゴミした、いかにも大阪らしい場所にあって
こんな静かな雰囲気の中で宿泊できるのであれば、その人気にも、納得です。

決して、超高級ホテル、ではないですが、程よく高級なシティホテル、っていう感じで
宿泊費は決して安価とは言えないですが、コスパは、かなり良いと感じました。

とにかく、『観光』『ビジネス』』スポーツ観戦』『舞台観劇』など、全てにおいて超便利。

唯一、『受験』の前泊用ホテルには全然向いてないかな、という感じはしますが
(ホテルの質がどーのこーの、という問題ではなく
パチンコ屋さんとか、ゲーセンとか、飲み屋に囲まれている周辺環境が)

『受験』を終えての後泊なら、むしろオススメのホテルで
ヨシモト新喜劇か、NMB48劇場で、気分転換して帰っていただきたいです(笑)

↓『ジュンク堂書店』と、『NMB48劇場』の入っているビルと、
↓そのお向かいの、『なんばグランド花月』は、ホテルから徒歩1分と激近です。

 

(両劇場エリアについて取り上げた記事は、コチラ

なんば千日前は、人によって好き嫌いがある場所かと思います。

実際、私の親戚(70代女性)は、「疲れた、もうシンドイ」を、連発していました(笑)

でも、コンパクトなエリアの中に、大阪らしい雰囲気を凝縮した
観光には、もってこいの場所なので、大阪の賑やかな雰囲気を楽しみたいなら
地元民的には、ぜひ、一度は訪れてみてほしい場所です♪

⇒ 【なんばオリエンタルホテル】の詳細はこちら<楽天トラベル>

スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。