こどもと歩く大阪散歩ノート

先日、『ドイツ・クリスマス・マーケット大阪 2014』に行ってまいりました。

前回行った時は、ネオンがキラキラ輝く、クリスマス・イブの夜で
想像を絶する超絶満員で、小さな子供が危険だったので
結局何もせず、引き返した痛恨の経験があり
今回は、その教訓から、イブをはずした日のお昼間に行きました。

世界最大級・高さ約27メートルの、クリスマスツリーもあり
イルミネーションは見ることができませんでしたが、壮観でしたよ~♪

開催場所は、新梅田シティの『ワンダースクエア』。

地上40階・高さ173メートルの、2つのビルが屋上で連結され
その連結部分に、空中庭園と展望台がある『梅田スカイビル』や
『ウェスティン・ホテル大阪』などがある、梅田の北部エリアです。

その2つのビルの連結部分、空中庭園の真下で
クリスマス・マーケットが、毎年開催されています。

『ウェスティン・ホテル大阪』に、このイベントに行くための
宿泊プランがある位、年々人気が高まっています。

ドイツ・クリスマス・マーケット大阪は、人気のあるイベントで
毎年行きたいな~、と思うのですが
私にとって、この梅田北エリアに行くには、かなり大変で
体調も気分もよい、コンディションが絶好調な時しか行けません。

なぜかというと・・・

全長200メートルの地下トンネル』を
歩いて行かねばならないからです~(汗)

(あ!ちなみに、『ウェスティン・ホテル大阪』に宿泊する人は
ちゃんと、JR大阪駅からシャトルバスがありますので、安心して下さい!)

閉所恐怖症には、と~ってもツライ、天井の低い、逃げ道ゼロの
悪名高き一本道、『梅北道路』です。

その昔、オープンしたての空中庭園に行くのに、長~い行列ができ
地下道もびっしり人が詰まったまま、200メートル、延々と徐行で
私は過呼吸になって、座り込んで連れに大迷惑をかけたのでした(爆笑★)。

で、話がそれちゃいましたが、そんなこんなで
今年オープンしたばかりの人気スポット『グランフロント大阪』を抜け
JR貨物跡横の交差点へ。

『梅北道路』の入り口が見えるので、ここで一旦
「よっしゃぁ!」と気合の一声を上げて、信号を渡ります。
(逆光ですみません。歩行者信号の後ろが入り口です。)

え~っと・・・、通路入り口の写真を撮ったんですが
手が震えてかブレまくりで、使える写真はゼロですみません。

自転車専用のスロープと、歩行者専用の階段がありますので
そこを下ったら、あとは通路を直進するのみ。

動揺のあまり、手が震えてボケボケです・・・

背の高い男性なら、ジャンプしたら天井で頭を打つと思います。
(が、ここでジャンプの必要性も特にないので、大丈夫♪)

こんな圧迫感ありまくりの通路が、延々200メートル続きます。

50メートルごとに、あとどれ位で出口か、表示板があります。

(この写真を手ブレなく撮るだけで、10枚撮影(笑))

丁度中間点、残り100メートル。よっしゃ~!

やっと外に出たら、ぷは~。
(ぷは~な写真もブレブレで、ボツに(汗))

やっと空気を吸えた、金魚の気分・・・

通路を出て、梅田北エリアから梅田を眺めると、壮観です。

左から、『グランフロント大阪』
真ん中が、『JR大阪駅』や『ヨドバシカメラ梅田』周辺
右は西梅田地区で、茶色い円柱形のビルが
通称マルビルの『大阪第一ホテル
その横の、白くて平べったいビルが『ヒルトン大阪』。

ちょっと写真は切れちゃいましたが、さらに左には
『リッツ・カールトン大阪』のある、ハービス大阪があります。

はぁ~。やっと、無事、クリスマスマーケットのゲートまで着きました。

この200メートルの『梅北道路』が作られたのは、昭和3年。

作った当初は、全長が503メートルもあったそうです。

昔は、閉所恐怖症の人、いなかったんでしょうか(笑)

確かに、今『グランフロント大阪』の、2つのビルがある場所も
元は貨物駅だったので、トンネルを掘ったら
500メートル位あったかもしれませんね~。

現在、JR貨物駅跡は、引き続き、再開発工事中ですが
貨物駅があった当時、梅田北エリアは
大阪のど真ん中にぽっかり空いた、一般人は入れないエリアに阻まれ
かな~り遠い距離を迂回しないと、行き来できない陸の孤島でした。

で、当時の地元の方々の要望で、子供の通学路を作ることを
主な目的として、この地下道が作られたんだそうです。

子供に安全に通学してほしい、という想いは
今も昔も同じなんですね・・・(^o^)

でも、それで、こんなに天井が低いのかなあ~?

有志のおっちゃん達が、ノミとトンカチで
手掘りで作ったんかいなぁ~、と思ってしまうほど、低いんです。

(ちょっと大げさかも・・・(笑)。
ちなみに掘ったのは、有志のおっちゃんではありません)

昔は自転車やバイク、そして車も通っていたそうですよ。
(現在、通行可能な車両は、自転車のみ)

当時は、梅田北エリアに行くには
かなり遠い距離を迂回しないといけない場所でした。

これは別の日に『ルクア大阪』10階の
『和らぎの庭』から撮った、新梅田シティと
JR貨物駅跡の写真です。

通称、【大阪最後の一等地】と呼ばれています。

JRの特急の大きさから、再開発中の空き地の大きさを
なんとなく感じてもらえたら、と思います。

一応、現在ある地下道のちょうど上に、道路が建設される予定らしいです。

早く作ってほしいですね・・・

次回、肝心の『ドイツ・クリスマス・マーケット大阪 2015』訪問記です♪

(今日の、地下通路の話の方が長い予感・・・(汗))

【よろしければ、こちらの記事も併せてどうぞ】
**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+***+:。.。:+**+:。.。:+**
ドイツ・クリスマス・マーケット大阪 2014【お食事&おやつタイム編】
ドイツ・クリスマス・マーケット大阪 2014【閉所恐怖症殺しの地下通路・『梅北道路』編】

行ってきました♪ドイツ・クリスマスマーケット大阪・2015【お食事編】
行ってきました♪ドイツ・クリスマスマーケット大阪・2015【クリスマス・ツリー編】
行ってきました♪ドイツ・クリスマスマーケット大阪・2015【イルミネーション&お店編】
**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+***+:。.。:+**+:。.。:+**

最後まで読んで下さりありがとうございます。 この記事が何かのお役に立てたら幸いです!
 blogramによるブログ分析 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。