こどもと歩く大阪散歩ノート

GW最初の休日、大阪の鶴橋にある、コリアン・タウンまで行ってきました。

ちょこっとですが、お買い物を楽しんで帰宅後、家族で韓国風の夕食を楽しみました。

子連れで自転車を押しながらのお買い物だったので、今回のコリアン・タウンの写真は残念ながらナシ。

もしよろしければ、食べ物の写真だけで、しかも、なんちゃって風の我流ですが、韓国「風」の食卓の雰囲気だけでも、お楽しみいただければと思います(本家本元の方には、勘違い食卓に見えるかもしれません、すみません、みたいな(笑))

スポンサーリンク

とある休日の韓国風ご飯&実食

まず、鍋焼きピビンバ(石鍋がないので、なんちゃって石焼風に(笑))

ただのナムルのせごはんでも美味しいんですが、お鍋に入れて火を入れておこげを作る、というひと手間を加えるだけで、かなり美味しくなります♪

ご飯を適量炊いたら一旦火を止めて、上に、買ってきたナムルを敷きます。

お肉は、買ってきたナムルに付いているお肉だけだと、子供から「お肉少ない!」と苦情が出るので、自分でひき肉を炒めて増量。

なので、色どりのバランスが激悪ですが、そこはご愛嬌(笑)

具を乗せたら、周りにごま油を適量回しがけて、1分程強火にかけ、パチパチという音がしてきたら火を止めます。

食卓にパチパチ音がするお鍋を運んで、豪快に混ぜ混ぜ。

子供がいるのと、私が辛いモノが苦手なので、コチュジャンは少な目で。

本当はもっと、全体的に赤くならないとダメなんですが・・・

子供のお茶碗に盛りつけたら、あんなに増量したにも関わらず「お肉が少ない!」コールが発生(汗)

ナムルのお値段は、500円。

ちょっと高いよね・・・。観光客価格かな?

ピビンバを混ぜ混ぜしている間に、買ってきたチヂミを、ごま油を引いたフライパンでカリッと焼き上げます。

フライパンで焼くと、レンジで温めたフニャフニャのチヂミと全然違うので、面倒でも、ひと手間かけた方がいいです♪

チヂミは、2枚で500円なり。

そして、キンパ(韓国風海苔巻)は、食べやすい大きさにカット。

キンパは、3本入って500円。

あと、わかめスープを作ったのですが、写真を撮るのを忘れた・・・(汗)

いつもの和風のお吸い物に、中華風だしとイリゴマをプラスして、『韓国風のわかめスープって、きっとこんなんに違いないスープ』の完成www

こんな感じで、なんちゃって韓国風夕ご飯の完成です♪

完成品の食材を買って楽をするつもりが、結局頑張るハメになりましたが、子供も喜んでくれたので満足です(^o^)

今、世間では連休ですが、子供がいると暦通りなので、我が家はあまり遠出もせず、近場でいつもと違う日常を楽しむ程度で、今年のGWもなんとなく終わっちゃいそうな気配です。

もったいない気もしますが、どこに行っても混んでるからなぁ・・・。

でも、ひと時の韓流ブームも一段落したのか、コリアン・タウンは、GWの連休にしては、あまり人は多くなくて、ほぼフツーの商店街と化していたような印象を受けました。

私は、特に韓流ファンというわけではないですが、テレビでドラマをしていて、面白いのがあったらよく見てましたが、最近はドラマの放映自体が減っているのか、見る機会もありません。

うちの子供は、コリアン・タウンは今回お初だったのですが、串にささった唐揚げをおやつに食べたり、けっこう楽しんでいたみたいです。

近所の商店街とはまたちょっと違った、エスニックな香りや、香ばしいごま油の香りが漂う、不思議な空間です。

旅行で、大阪の上本町や難波エリアに宿泊予定で、なおかつ、韓国文化に興味のある方は、ぜひ鶴橋まで足をのばしてみてください。

新歌舞伎座に観劇の為に一泊する人には、ちょっとしたヒマつぶしに面白い場所ですよ♪

【大阪生野・コリアンタウン】
JR大阪環状線・鶴橋駅、近鉄・鶴橋駅下車

歩いたら、10分はかかるんではないかと思いますので、楽な履物で来られることをおすすめします。

ちょっとややっこしい場所にあるんですが、地図を参考にしつつ『御幸森天神宮』を目印に行くとよいと思います♪

御幸森の神社に沿った道が、『コリアン・タウン』です。

いまでこそ『コリアン・タウン』という洒落た名ですが、私が子供の頃は『御幸森商店街』という商店街でした。


大きな地図で見る

スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。