こどもと歩く大阪散歩ノート


前回の【休日ぶらり散歩・その1】の続き、『なんばグランド花月』や『NMB48劇場』から、『なんばオリエンタルホテル』、そして『ビッグ・カメラ 千日前店』までの、道中の光景をご紹介します。

『なんばグランド花月』や『NMB48劇場』、『ジュンク堂 千日前店』から、『なんばオリエンタルホテル』までは、ゆ~っくり&真っすぐ歩いて、2~3分。

千日前筋が人で混んでなければ、2分もかからず歩ける距離です。

前回の記事でも使わせてもらった、『NMB48劇場』の地図(下記)で説明すると、上(北)の『ビッグカメラなんば店』と、下(南)の『なんばグランド花月』の真ん中あたり、丁度NMBの「N」の大きな文字の辺りに、『なんばオリエンタルホテル』があります。

スポンサーリンク

実際に歩いてみた様子を写真と共にご紹介します。

では、『NGK(なんばグランド花月)』前をスタートします。
そのまま道路沿いに直進すると、『たこ焼き道楽 わなか 千日前本店』が見えてきます。
いつも、観光客や、修学旅行生、デートしているカップルなど、人でいっぱいです。(ちなみに、私は、一度も食べたことがありません。)

 

 

そして、たこ焼き屋さん、ラーメン屋さんを通り過ぎて、その先の四つ角を過ぎると、はい到着♪

『なんばオリエンタルホテル』の入っているビル、『ダオーレ』に到着です。

派手で大きな看板が、たくさんあるので、『ダオーレ』を見逃して通り過ぎることは、絶対にないです・・・

万に一つ、見逃して通り過ぎてしまったら、『ビック・カメラなんば店』に到着するので、回れ右して、来た道を戻ってきてください。

が、ダオーレが目立ちまくりの一方で、『なんばオリエンタルホテル』の入口はあまり目立ちません。

ホテル入口は、「ゴールドのフラッグが目印」と、楽天トラベルの施設説明ページに書いてあるんですが、周りが派手すぎて全然フラッグが目立ってないし、とツッコミを入れてみたり・・・

↓ココです。お隣がローソンなのが目印。

こんなにゴテゴテ&ハデハデしい場所にあるホテルなのに、エレベーターに乗ってホテルまで上がったら、急に別の世界になります。

ホテルの中と外に、こんなにギャップがあるホテルも珍しいのでは、と思います。

大阪の下町らしい雰囲気を満喫したいけど、ホテルはキチンと目のところに・・・とお考えなら、この『なんばオリエンタルホテル』はオススメです。

吉本新喜劇の観劇や、道具屋筋の観光に行くなら、間違いなく一番便利なホテルです。

この辺りは、写真でもわかるように、食べ物屋さんがたくさんあるので、ホテルで食事つきプランじゃなかったら、街に繰り出してみるとよいですよ。

⇒ 【なんばオリエンタルホテル】の詳細はこちら<楽天トラベル>

ということで、

【その3】の、日本橋でんでんタウンの、トレカのショップめぐりのお話の前に・・・

急に暑くなってきたので、番外編として、この千日前エリアの、大阪市内屈指の心霊スポットとしての一側面でも、ご披露しようかと(笑)

怖い話が苦手な人は、次回の記事は、絶対に見てはダメですよぉ~。ドロドロドロ・・・・(←効果音www)

スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。