先日の中之島バラ園で、一番「素敵だなぁ~」と思ったバラ。

アメリカの、『イントゥリーグ』という品種だそうです。

紫、というより赤に近い「赤紫」なんですが
紫色のバラを見ると、つい『紫のバラの人』を思い出してしまう私です。

『ガラスの仮面』という、一昔前の漫画に出てくる人なんですが
これを見ていたということは、思いっきり、年がバレそうですよね(笑)

(↓アマゾンのリンクですみませんが、知らない方の為に参考画像)

スポンサーリンク

中之島バラ園@2015で印象に残ったバラたち

あとは、王室・皇室の女性や、女優さんにちなんで命名された
バラが、たくさんありました。

ここでは、特に印象に残ったものだけご紹介させていただきます。

プリンセス・アイコ
サーモン・ピンクの愛らしいお花でした。
若々しく、愛らしい色で、とってもキュートでした。

プリンセス・オブ・ウェールズ

『ラバーダック』とのツーショット写真。
ダイアナ妃にちなんだバラなんですが、接写で撮ったものが
見事に全部ピンボケで、残念・・・

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ

上のお花と同じ、ダイアナ妃にちなんだバラ。
とても美しい大輪のバラですが、この日はつぼみのお花しかなくて残念。

プリンセス・マーガレット・オブ・イングランド

マーガレット王女というと、王女に恋をした人が、自殺したり
左遷されたり、ハーレクイン・ロマンスに出てくるような
ドラマチックなイメージがあります(笑)
洗練されたイメージの、大人のピンク色って感じでした。

プリンセス・ミチコ
あの皇后さまのイメージが、濃いオレンジ!?と思ったんですが
皇太子妃となる美智子さまに、イギリスから贈られたバラだそうです。
一見大和撫子風でいて、凛とした強さを兼ね備えられた
若く美しいプリンセスは、外国の人にとってはこんな印象だったのかな・・・
面白いですね~。でも、これも、つぼみしかなくて残念。

という感じで、プリンセスにちなんだバラをご紹介しました。

次回は、バラ園と『水都大阪2015』イベントの光景の一コマです。

 

スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。