こどもと歩く大阪散歩ノート

今週は、『伊勢志摩サミット』の舞台になる、三重(伊勢・賢島)の三世代旅行記とホテル・レビューを中心に、アップしていきたいと思います。

今日は、その第一弾で、行き帰りに乗った列車『かぎろひ』をご紹介します。

このブログを開設する前に行った旅行なのですが、写真が今より更に超ド下手な上、家族が映り込んだ写真が多いのですが、よろしければ、お付き合いをいただけると幸いです。

スポンサーリンク

近鉄『かぎろひ』とは?そして、その列車名の意味は?

『かぎろひ』という電車は、近鉄特急・12200系を、団体専用列車15400形と15300形に改造した、クラブツーリズム専用の団体列車です。

『かぎろひ』の愛称は、一般公募で選ばれたのですが、意味は、クラブツーリズム・ウェブサイトによると以下の通り。

「かぎろひ」とは「輝く光」のことで、朝日の美しい空を表しており、
「東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ」
と万葉集に詠まれているように、重厚感や荘厳な趣を感じさせます。

ちなみに、歌の作者は、『柿本人麻呂』。学校の歴史で習ったことある人ですよね♪

塗装の重厚感は、まるで阪急電車みたいな高級感ある雰囲気で、ロゴもゴールドでピッカピカで、この日は二両編成だったんですが、上本町の駅ホームで異彩を放って、ものすごい存在感でした。

ツアーの集合が早朝で、せっかくの美しい車体に、頭ボッサボサで、能面みたいな顔のスッピンBBAが映り込んでいますが、お目汚しで申し訳ありませんm(_._)m

近鉄『かぎろひ』の車両は、近鉄特急とどう違うのか?

近鉄特急・12200系というのは、私が生まれる前~子供の頃にかけて作られた車両で、今でも現役でバンバン走っているのですが、その車両の内外装をほぼフル・リフォームしたのが、こちらの車両です。

荷物置き場が広くとられていたり、ビールサーバーのあるドリンク・カウンターがあったり、水回りが新しくリフォームされていたりと、「旅行ツアー客専用」に改装されています。

リフォームは施されているとはいえ、基本古い車両で、車内の座席空間も特に広い訳でもなく、ごく普通です。

普通の特急と違うのは、床がカーペット敷きだったり、シートのカバーが、クラブ・ツーリズムのロゴ入りだったり、という、若干の高級感があるところでしょうか。

中に乗ってしまえば、いたって普通の電車です(と言ってしまったら、身も蓋もないんですが(笑))

近鉄『かぎろひ』に乗るには?

『クラブ・ツーリズム』には、この『かぎろひ』で伊勢志摩や賢島に行くツアーがあり、大阪発と名古屋発のツアーが用意されています。

関東出発のツアーもあるのですが、関東からの場合は、東京から名古屋まで新幹線で、近鉄・名古屋駅から『かぎろひ』に乗り換えて、伊勢志摩に向かいます。

私たちが参加したツアーは、大阪上本町・出発の、子供向け夏休み体験旅行企画。

1日目にお子様プールとパルケ・エスパーニャ、2日目にイルカ島と志摩マリンランド、というツアーです。

電車の中は子供連れの人ばっかりで、ちょっとウルサイ位に賑やかだったんですが、そんなおおらかな雰囲気に、チビも思わず大の字に寝転がったり・・・ (だらしない写真なので、ちょっと小さ目表示(笑))

ドアが閉まって発車直後は、初めて見る車内を、たくさんの子供たちが、思い思いに通路を行ったり来たり探検してたり、しばらくして探検に飽きたら、そこここでDSの音や、スマホから流れてくるアニメの音が延々となり続け、カオス状態です(笑)

度を越して騒ぎすぎる家族に対しては、苦情が出次第、同乗している添乗員さんがやんわり注意してくれます。(が、大多数の家族連れは、ちゃんと節度を守って、ほほえましいレベルの賑やかさを保っていました)

赤ちゃんや幼児ちゃんがギャン泣きしてても、誰も冷たい目で見ないし、子連れでも、気兼ねなく電車旅行が楽しめるのは、子連れが前提の貸し切りツアーならではで、これはすごく気楽で良かったです♪

子供向け企画の体験については、次回以降、追々レビューしていきますね(^o^)

ツアー専用列車を持つ旅行会社、『クラブ・ツーリズム』とは?

うちは両親共に存命ですが、母が寄る年波に勝てず、体調を崩しがちのため、父が一人で旅行に行くことが多いんですが、1年に5~6回は、この『クラブ・ツーリズム』を利用しています。

『おひとりさま歓迎』というツアーはよく見ますが、『おひとりさま限定』という珍しいツアーがあり、一人でも気兼ねなく、ツアー旅行に参加させてもらえるんですよね。

あと、テーマのある旅が充実していて、例えばうちの父は、『軍艦とか基地を見に行くツアー』とか、『東海道五十三次を歩くツアー』とかに、片っ端から参加しています。

母の調子がよい時は、2人で『城めぐりツアー』や『日本の祭ツアー』なんかに行っているようです。

今回の私たちの旅行も、その『テーマのある旅』の一つで、子供に水族館のバックヤードで飼育員さん体験をしたり、海の生き物を直接触らせてもらえたり、という夏休み企画旅行で、私の父がツアーを探して予約してくれましたた。

とにかく『おひとりさま旅行』も、『夫婦旅行』も、『家族旅行&三世代旅行』も、それぞれ個別に分けられていて、同じような属性の人たちとツアーを共にできる安心感があるのが、うちの父が『クラブ・ツーリズム』推しする理由です。

子供向け企画で言うと、工場見学ツアーとか、リニア・モーターカーを見学に行くツアーとか、日帰り・宿泊、どちらも含めて、色々な企画旅行があります。

お子さん主役の家族旅行をお探しなら、 一度『クラブ・ツーリズム』のウェブサイトをサラッと見てみると、次回の家族旅行に関するヒントが見つかるかもしれませんよ。

≪国内旅行≫テーマ別ツアーが満載!【クラブ・ツーリズム】の詳細はこちら

ということで、次回は、『ホテル志摩スペイン村』の宿泊レビューと、ちょこっとだけ『志摩スペイン村』レビューです。

【三重県・伊勢志摩&賢島旅行記】(別ウィンドウで開きます)

【その1】近鉄『かぎろひ』に乗って、伊勢志摩へ♪
【その2】『志摩スペイン村』で、1日目を過ごしました。
【その3】『ホテル志摩スペイン村』宿泊レビュー」
【その4】賢島『志摩マリンランド』ペンギン・タッチ&バックヤード見学レビュー
【その5】恥ずかしすぎる遊覧船に乗って、『イルカ島』へ

スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。