こどもと歩く大阪散歩ノート

伊勢志摩・賢島旅行も2日目。鵜方から賢島にバスで移動して、チビが一番楽しみにしていたこのツアーの呼び物、賢島の『志摩マリンランド』での、いろいろ体験&見学です。

賢島といえば、伊勢志摩サミット、無事終わりましたね~。地元の方は、いろいろと大変だったみたいですね。本当にお疲れさまでした。

これを機会に、たくさんの方が、伊勢志摩や賢島を知って、旅行に訪れてくれるようになると、よいですね~♪

スポンサーリンク

志摩マリンランドとは?

近鉄・志摩線の終点『賢島』駅にある水族館で、1970年に開館した、昭和の雰囲気漂う、昔懐かしい感じのする、アットホームな水族館。

ちなみに、今年・2016年3月1日に、リニューアル・オープンしたそうで、私たちが訪れたのは、改装前、2013年の『志摩マリンランド』です。

古代魚や、珍しい日本淡水魚も飼育していたり、貴重な生物の飼育に積極的に取り組んでいて、去年・同じ近鉄グループになった、大阪『海遊館』でも、その貴重な経験が活かされるのではないか、と期待されています。

関連記事(別ウィンドウで開きます):
『あべのハルカス』や『海遊館』が、近鉄グループだということが、意外に知られていない件

『志摩マリンランド』については、去年、ピラルクの水槽から逃げ延びた和金が、全長25センチの巨大金魚に成長して、地下の濾過槽で生き延びているのが見つかり、ニュースになったので、そのニュースで、この水族館を知った方も多いと思います。

志摩マリンランドでの、ペンギンタッチ&バックヤード見学

さて、この旅行ツアーのメインイベント。ペンギン・タッチと、『志摩マリンランド』バックヤード見学&エサやり体験。

まずは、ペンギンさんとのふれあい体験。チビが二番目に楽しみにしていたイベントでしたが、いざペンギンを前にすると、ビビってしまって、顔が引きつり、腰が引けてしまい・・・

ドクター・フィッシュの水槽には、手を入れようとしたまま、同じ姿勢のまま数分・・・(結局手を入れられずじまい(笑))

一番楽しみにしていた、バック・ヤードでは、魚の大群の勢いにビビって、後ずさり・・・

エサやり体験も、練り餌ではなく、本物の魚のブツ切りを渡され、ビビって、結局じぃじにエサやりをお願いし・・・

どこに行ってもビビりまくって、まともな体験をほとんどできずじまいで、一体、何をしに行ったのか分かりませんが(笑)

これは、チビの性格なので、「この子の個性なんだから仕方ない」と諦めた方がいいんですかねぇ~、それとも、厳しく鍛えなおした方がいいのやら・・・(悩)

『志摩マリンランド』のバックヤードは、一見の価値あり

水族館のバックヤードには、稚魚育成水槽があったり、病魚の隔離水槽があったり、その他、いろんなものがあって、お魚大好きのチビ、興味深々でした。

そして、バックヤードを丸く囲むように、ドーナツ状の大きな水槽があり、ここで、係員さんの説明を受けた後、エサやり体験をさせてもらいました。

悠然と泳ぐ魚あり、すごいスピードで泳ぐ魚あり、いろいろですが、水槽を上から見ると、いつもと違う、不思議な感じがしました。

ちなみに、この水槽を、普通の水族館スペースで見ると、『志摩マリンランド』で一番大きなメイン水槽、『回遊水槽』になります。

いろいろ体験や、自由見学、両方含めて、2時間位の滞在でしたが、小ぢんまりした水族館なので、十分楽しめました。

海の近くですが、淡水魚や、両生類など、バランスよくいるので、飽きずに楽しめました。

『志摩マリンランド』お子様体験ツアーのまとめ

最初にも触れましたが、比較的規模の小さな、昭和のノスタルジックな雰囲気漂う水族館ですので、パッと見は、非常にショボく感じます。

ただ、 『鳥羽水族館』に行く人は多いんですが、『賢島』まで足を延ばす人は、鳥羽に比べると少ないので、 鳥羽よりも、人は少ないように思います。

そんな訳で、大きさ的にも、そんなに広くないですし(ショボいとも言う・・・w)、全然混雑していない(過疎ってるとも言う・・・w)、ということで、小さなお子さん連れで来て、のんびりお魚を見るのに丁度よい、 と、感じました。

コスト的にも、鳥羽水族館の約二分の一程度の入場料で入れますし、『まわりゃんせ』など周遊チケットをお持ちなら、オトクに見学できると思います。

賢島まで、足を延ばした甲斐はあるか?と聞かれたら、正直「う~ん」って感じですが、ツアーや、自家用車での旅行なら、楽ちんだし、訪れて損はないと思います。

特に、我が家みたいに、お魚が好きな人であれば、間違いなく楽しめると思いますよ♪

⇒『志摩マリンランド』バックヤード見学ができるツアーは【クラブ・ツーリズム】

ということで、次回は、最終回。『イルカ島』訪問記です♪

【三重県・伊勢志摩&賢島旅行記】(別ウィンドウで開きます)

【その1】近鉄『かぎろひ』に乗って、伊勢志摩へ♪
【その2】『志摩スペイン村』で、1日目を過ごしました。
【その3】『ホテル志摩スペイン村』宿泊レビュー」
【その4】賢島『志摩マリンランド』ペンギン・タッチ&バックヤード見学レビュー
【その5】恥ずかしすぎる遊覧船に乗って、『イルカ島』へ

最後まで読んで下さりありがとうございます。 この記事が何かのお役に立てたら幸いです!
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。