こどもと歩く大阪散歩ノート

 
USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)が、『伊勢志摩サミット』のある5月26日(木)・27日(金)の2日間、「全入場者への手荷物検査を実施する」というニュースが入ってきました。

今回の手荷物検査については、人それぞれ、色々意見はあるかと思いますが、私は賛成です。

全国にいろんなレジャー施設がある中、せっかく、わざわざUSJを選んで、大阪まで足を運んできて下さる方には、楽しい思い出をお土産に、安全に帰っていただきたいので(^o^)

手荷物検査といっても、おそらく、ディズニーランドみたいに、入り口でカバンをパカッと開けて、ササッと中身を見られる位の簡易の検査だと思うんですが、やらないよりは、やった方が絶対いいです。

若い方はご存知ないかもしれませんが、その昔、東京で『地下鉄サリン事件』があった頃ぐらいの、警戒心を、全員が個々で持っていた方がいいと思います。

神戸の街で、「目」のポスターを設置したら、不法駐輪が激減したように、やはり、人の「目」というのは、強力な抑止力になると思うので。

三重や近畿だけでなく、空港や新幹線、できれば原発も、警備を増やしてほしいですね。

伊勢・志摩という場所、特に、サミットの開催地・賢島は、地理的に、出入りできる場所が限られているので、何か事が起こるとしたら、他の場所での方がカンタンだよな~と、何の根拠もなく漠然と考えたりもします。

というか、原発といえば、川内原発って、稼働させてて大丈夫なんでしょうか(汗)・・・という、テロ以前に、そもそも日本の政府大丈夫か?的な、疑問に突き当たって、思わず話がそれちゃいましたが。

話をUSJに戻すと・・・

USJでの手荷物検査は、開園以来、初めての試みなので、最初は、入場の行列がなかなか進まなかったり、お客さんがイライラしたり、色々と混乱が予想されます。

私的には、「サミットの期間中は、人ごみや雑踏に入るような用事を作らないのが一番」だと思っているのですが、人それぞれ色々、事情や考えがあると思います。

なので、もしこのタイミングで、USJに行かれるなら、いつもより早めに出かけるか、時間に余裕を持たせたスケジュールを組まれることを、オススメします。

宿泊予定で、まだ宿をとっていない方には、選択肢の一つとして、「一般の人よりも15分早く入れる宿泊プラン」も、選択肢の一つとしてアリかと思います。

【過去記事】USJに開園15分前に入場できる、JTB限定の宿泊プラン『アーリー・パークイン・プラン』

上記過去記事でも触れましたが、「日帰りでUSJに行ける距離に住んでいる人も、開園時間より早く入りたいがために、この宿泊プランを利用している」と、以前、関西ローカルのテレビでも紹介されていました。

私は、USJでは利用したことがないですが、ディズニーランドで、15分早く入れるプランを利用したことがあります。

たったの15分ですし、同じプランを利用している人達の中での競争も若干ありますが、それでも一般で入場した時と、全然違います。

一番人気のアトラクションの待ち時間が減らせるだけで、残りの時間が、かなり有効に活用できるし、何より、その後1日、何事も予定より早く済ませることができて、気分がいいんですよね。

たとえば、他の人と違う時間帯にゆっくりお土産が買えたり、昼食のお店も入りたいお店を選べたり、小さなことですが、「朝の15分」という時間が、園内での時間が経てばたつほど、絶大な威力を発揮してくれます。

とにかく、宿泊するにせよ、日帰りで遊びに行くにせよ、サミット期間中は、USJを始めとした大阪市内は、交通や警備の面で、若干面倒が増えることがあるかも、と、心づもりをしておいた方がよさそうです。

最後まで読んで下さりありがとうございます。 この記事が何かのお役に立てたら幸いです!
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。