こどもと歩く大阪散歩ノート

今日も、ここ大阪はカンカン照りだったんですが、道沿いの『ブーゲンビリア』の写真を撮っていたら、『赤とんぼ』 が、す~っと道路を横切って行きました。

そういえば、2~3日前位から、我が家の周辺では、『トンボ』を頻繁に見かけるようになりました。

私は、虫が大の苦手で、できれば虫には関わりたくない派ですが、いつの間にか、セミの鳴き声が全く聞こえなくなったな、と思ったら、今度はトンボ。

カレンダーを見ているわけではないのに、しっかり季節のリズムに沿っている昆虫って、すごいな~と、感心します。

スポンサーリンク

イオ光から、無料で機械を交換すると言われた話

さて、本日のお題は、光回線を契約している会社『eo光』から、レンタル中の機械を無料で交換する、と連絡があったお話です。

ある日、父から電話で「イオ光から連絡があって、『インターネットの機械』を新しく『無料で交換する、って連絡あったから訪問の約束してしまってんけど、お願いしてよかったんかな~?」 と連絡が。

『インターネットの機械』って何?」と聞くと、「ワシも分からんから聞いみてんけど、家の中に置いてある機械です、って言うとってん。で、うちには機械3つありますけど、どれですか?って聞いたら、「●●様(父)がパソコンをされる時、一番お近くにある機械かと思います。」って言われてん」と、何ともアバウトな説明。

(多分、うちの年寄りにも分かりやすいよう、ご親切で、そういう説明をして下さったものと思われ・・・)

ネットをする時、一番近くにある『インターネットの機械』と言われて連想するのは、普通は『ルーター』かと思うんですが、私はこの話を聞いて、一気に不安になりました。

というのも、以前、某光からルーターを無料で交換すると電話で勧誘されたからお願いしたら、ルーター本体と交換工事費は無料だけど、月々料金がかかるようになっちゃう手口がある、っていうハナシを聞いていたから。

イオ光は、『標準で支給されるルーターは有線ルーター』で、無線にするには、別途有料のルーターをレンタルするか、自前で無線ルーターを用意するしかないんです。

なので、ルーターを無料で交換するはずがないので、心配ですごく気になって、工事予約の日、仕事の半休をもらって、実家に行ってきました。

我が家(実家)のネット環境

ちなみに我が家の実家の現状は、イオ光の100メガコース(戸建てコース)で、ルーターは無料の有線ルーターで、そこに自分で購入した無線ルーターを、別途接続して使っています。

具体的に説明すると、NECのAtermのルーター2台セットを購入して、まず実家を無線化して、もう一台の中継機能で、さらに直線距離で7~80メートルほど離れた私の家(マンション)まで、電波が飛ぶようにしていました。

(引っ越した今は、一部、屋外用LANケーブルを併用しながら、有線と無線でつないでいます。
どうして屋外用ケーブルを併用しているのかは、機会があれば、別記事にして取り上げたいと思います。)

ちなみに、この機械(WR9500N)です。

5年前に新発売になってすぐに購入したので、だいぶ古くなっちゃって、新品ではもう売ってないと思うんですが、今でも現役ですし、メッチャ優秀です。

最初は、我が家のマンションへは、●TT光を個別に引いていたんですが、●TTは、関連サービスや新サービスへの勧誘電話が多くて、面倒くさいな~と辟易していたところへ、 実家の電波がかなり遠くまで届くことを、ひょんなことから知り、2年毎の契約更新を待って解約しました。

実家の方は、イオ光ユーザーになって、もうすぐ10年位になり、私は、途中からなので、ユーザー歴3~4年になります。

約束の時間より早く来て工事始めちゃうとか(焦)

で、機械交換の日が来たので、仕事を午前中で終えて実家へ行ったら、約束の時間よりも早く工事が始まっていました。

どうやら、約束よりだいぶ早く到着したので、うちの両親の許可を得て、早めに工事に着手したようで・・・

父が、「娘に立ち合いをお願いしたので、もう少し待ってほしい」と一応伝えたけど、暑い所でお待たせするのが申し訳なくて、結局OKしちゃったのだとか・・・

旧機械の写真撮影や、交換前のスピードテストをして記録に取ろう思っていたのですが、私が到着した時には、もう交換が終わっていて、外の電柱の上の高所作業車のゴンドラの人と、屋内の作業員さんで、相互で回線チェックをしていました。

正直、「やられた~!」と思い、「すみません。交換したのは何の機械ですか?」と聞くと、「回線終端装置です」とのこと。

もう工事が終わりかけていたので、かなり下出に丁寧に、「交換は無料って聞いてるんですけど、月々の料金が高くなるとか、ないですよね?」と、ズバリ聞いちゃいました(さすがは大阪のオカン!)

作業員さんは、どうやら委託業者さんみたいで、イオ光とうちとの間の契約内容がどうなっているかは分からない、と前置きしたうえで、「長く契約してくださっているので、機械が古くなったんですよ。なので、新しい機械に、無料で交換させてもらいました。」と、新しい機械を見せてくださいました。

で、実家の父に確認をすると、電話だけじゃなく、ちゃんとハガキも来ていたそうなんですが、ハガキに書いてあることの意味が分からず、そのまま分からないまんまで放置していたらしいんです。

誰かが同じ心配をしない為、交換までのプロセスをシェアします。

結局、最初にネット契約&工事をしてから長く経って、回線終端装置が古くなっちゃったので、新しい機種に取り換える、という作業で、無理に1ギガコースの機械にコッソリ変える、という怪しい物ではなくて一安心しました。

現在、お客様宅に設置しております「eo光ネット回線終端装置」につきましては、旧型設備のためメンテナンス期限が近付いており、新型設備への取り換えが必要となります。

設備信頼度の向上とお客様へ引き続き良質なサービスをご提供するために、この度、「eo光ネット回線終端装置」の取り替え工事を実施させていただきます。

と、ハガキにも、ちゃんとその旨記載されていたのですが、年寄りには、「回線終端装置」が何か分からず、思考力が低下しているのか、疑問も晴らそうとしなかったみたいなんです。

eoの人が親切に、電話で「ネットをする時に一番近くにある機械」と説明してくれたのですが、あいにく、我が家の終端装置は、家の一番端っこの玄関横の壁際にあり、一番遠い機械だったので、余計分からなくなったみたいで・・・

ちなみに、交換した後の機械はこれ。交換したそばから、シールが剥がれとるがな!と(笑)

富士通の『ONU3GE/FE2』という、調べてみたら、特に最新の機械でもありませんでした(タダで取り換えてもらってて申し訳ないんですが(笑))。

ただ、この機械の変更で、若干、ネットが早くなって、超ビックリ。LANケーブルは古いままなので、ケーブルを新しい規格のものに取り換えたら、さらに早くなるのでは、と思っています(が、現在無線のルーターの取り換えを検討しているので、ケーブルもそのまま保留)

この新しい機械に変更したら、いつ1ギガコースに変更しても大丈夫なんだそうで、紙面で、控えめではありましたが、さり気にアピールされていました。

話はそれますが、eo光ユーザーさんは、1ギガコースの勧誘が来て迷う人が多いみたいなんですが、我が家は100メガで十分早いと思っているので、これからも当分100メガコースのままにするつもりです。

ということで、ポイントとしては、まずは、古い機種の無償交換に関しては、必ず事前に書面で連絡が届くこと。

その次に、書面(我が家はハガキ)が届いてから1週間以降のタイミングで、電話で取り換え工事の日程調整のため、電話がかかってくること。

イオ光から、このような案内が来て不安に感じたら、最初に届く書面をよく確認して、不安な点は、取り換え工事日程の電話が掛かって来る前に、サポートに電話して聞いてみてください。

この3点に気をつけていたら、いつの間にか高いコースに代わってた、みたいなことにはならないはずです(^o^)v

親も年を取るんだなぁ~と実感して、ちょっとしんみり

結局、こういうのって、若い人だとすんなり終わる、なんてことのないやりとりなんですが、主契約者が年寄りだと、勘違いとか行き違いとかが増えて、大変になるんですよね。

今回のeo光からの機械交換は、詐欺ではなく、本当に無償で交換していただけて、取り越し苦労の笑い話で終わったんですが、前出の、「機械も工事費も無料で新しい物に交換させていただきます♪(で、月々の契約料はアップする)」みたいな話でも、うちの父は引っかかっていた可能性が高いです。

母も、携帯を買い換えた時、携帯には不似合いな大容量SDカード(しかもかなり割高の商品)をしつこく勧められ、「考えておきます」と母が断ると、お姉さんに一生懸命「お孫さんの写真、なくしたら困るでしょう?」と、ものすごく食い下がられたことがありました。

その時は、母が自分で何度か断っても、全然引き下がらなかったので、仕方なく私が横から、控えめに「こんなに大容量のSDカードいらないので」と断っても、「娘さんご存じないかもしれませんが、最新機種はこれぐらい必要なんですよ」と、一歩も引かない・・・

仕方がないので、すごく正直すぎるかなと思ったんですが、「アマゾンで買ったら、この3分の1位の値段で売ってるから、アマゾンで買います」と、穏やかに宣言すると、「アマゾンさんはお安いんですが、純正ではないし、ここで購入していただけたら、携帯料金と一緒に分割払いで買えます」と、一歩も引かない。

結局、SDカードうんぬんだけで、最終断りきるまで、20分位かかって、母も私もヘトヘトに(笑)

これも、私が付き添ってなくて、母が単独で、店員さんから「最近の携帯は32ギガの純正のSDカードが必要なんですよ」と言われたら、何の疑いもなく、1万円近くするSDカードを24回払いで買って帰ってきたと思うんです。

今どき、SDカード1万円って・・・(汗)アマゾンで買ったら、2000円も出せば高級品が手に入ります。

「親も年を取る」って、当たり前なんですが、子供にとって、親はいつまでも親のままなので、ちょっと頼りなくなってきた一面を見ると、少しショックというか、複雑な気持ちになっちゃいますね。

ということで、イオ光から、急に「終端装置を無料で交換します」と連絡が来てから、交換が完了するまでの、ドタバタの顛末でした。

誰かの参考になれば、幸いです。

スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

  1. >ONU3GE/FE2

    簡単な話、昔のE-PON(最高100Mまでの速度)からGE-PON(1G対応)
    に変更になったということですね
    1Gに切り替えはいつでも可能ということなので、中の機械の設定変更を行うこと無く
    サービス提供者側だけの変更で切り替わるということなのだと思います。
    (100M制限が無くなるという感じですかね)

    今までは100Mを多数の人と分けあっていたのを、1Gの波長に切り替えたために、10倍ほど「最高速度の100M」を出し易くなったと考えるといいと思います

    1Gに切り替えることはないと思いますが、切り替えた場合はルーター(LAN側)も1G対応、無線も最新版の方式(300MBPSとか600MBPS)にしないと
    1Gの速度にはならないのでそのつもりで・・・。

    • こんばんは。そして、はじめまして。
      沢山あるブログの中から、拙ブログを見つけ、お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

      >簡単な話、昔のE-PON(最高100Mまでの速度)からGE-PON(1G対応)に変更になったということですね

      実は恥ずかしながら、「E-PON」とか「GE-PON」という言葉を、今日初めて知り、先ほど検索して調べてきました。

      今まで、1本の光ファイバーのケーブルを、沢山の人と共有していたのですね(驚)

      >今までは100Mを多数の人と分けあっていたのを、1Gの波長に切り替えたために、10倍ほど「最高速度の100M」を出し易くなったと考えるといいと思います

      終端装置が変わったら、プランを変更していないのに、若干速度が速くなったような体感があったのですが、そういうことだったのですね。目から鱗です。

      >1Gに切り替えることはないと思いますが、切り替えた場合はルーター(LAN側)も1G対応、無線も最新版の方式(300MBPSとか600MBPS)にしないと1Gの速度にはならないのでそのつもりで・・・。

      1ギガにする場合は、終端装置に直結のルーターも、無線のルーターも、両方最新のものにしないといけないということなのですね。

      あとは、教えていただいた通り、1ギガにプラン変更したからといって、必ずしも1ギガの速度にはならない、ということも肝に銘じておきたいと思います。

      今のルーターも5年目で、買い替えも検討していますので、子供の成長とルーターやパソコンの買い替えのタイミングに合わせて、もう一度プラン変更を検討してみたいと思います。

      が、それまでは節約して、100メガで頑張ります(笑)

      実は「100メガのままでいきます」と言いながらも、内心「1ギガの方がいいかな・・・?」という迷いもコッソリあったのですが、おかげさまで迷いが晴れました。

      いろいろと、教えていただきありがとうございました。

      コメントを残していただき、嬉しかったです。もしよかったら、また遊びに来てくださいね(^o^)

      管理人・りんママ 拝