こどもと歩く大阪散歩ノート

右手のギプスが取れてスッキリ。当初は、たまりにたまっていた用事を済ませたりバタバタでしたが、やっと、いつもの日常が戻ってきました。

夏休みが始まって、もう早くも8月入りしたのに、チビをどこにも連れて行ってやることができず、心苦しかったのですが

やっと自転車にも安心して乗れるようになったので、早速、大阪城公園に。目的は『ポケモンGO』です。

スポンサーリンク

噴水前広場の光景

公園入口から、急ごしらえの紙製の「やめましょう!歩きスマホ!」が、そこここに貼られていましたが、中に入って納得。

噴水前に居る人は、ほぼ全員『ポケモンGO』プレイヤー。ちょっと前までは、見られらなかった光景です(笑)

チビが小さかった時、噴水の縁にしゃがんで、葉っぱを船っぽくして浮かべたり、近くの児童公園周辺でどんぐりを集めたりしました。

それから10年もたたない内に、ここで、みんな下を向いてスマホと首っ引きで遊ぶ光景が広がるようになるとは、想像もしませんでしたwww

汽車がやってきました。私の記憶では、以前は、もっとクラシカルな電車だったような気がするんですが、いつの間にか、小洒落たカラフルな汽車にリニューアルされていたようです。

こんな色にするなら、いっそのこと、イエローじゃなくて、ゴールド・カラーにして、もっとゴージャスでド派手にしたらよかったのに・・・と、思ったのは私だけでしょうかwww

『大阪ロードトレイン』というのですが、大人1回200円、子供100円。大人の一日フリーパスが600円だそうです。

夏の暑い日に、徒歩で観光やゲームに来られてる方は、フリーパスを買って、大阪城内を回ってみるのもオススメです。

ちなみに、私たちの自転車の方が早い位の、ゆっくりなスピードで走行するので、『ポケモンGO』内での、卵を孵化させるための距離もしっかり稼げると思います。

この、大阪城公園は今、『ポケモンGO』をする人が、昼夜関係なく殺到しており、アツいスポットになっていると、ニュースなどでも話題になっています。

どうやら、自宅の周りでは手に入りにくいレアポケモン、『ガーディ』の巣と化しているということでした。

でも、2時間位の滞在で、結局『ガーディ』は5匹しか捕まえられず、アツかったのか、暑かったのか、よく分からないまま、熱中症寸前になりながら帰宅。

桜門前で失意中おやつタイム

大きすぎた期待を激しく裏切られ、失意のどん底に陥りながらも、いつもの場所で、かき氷をおねだりするのは決して忘れないチビ↓

大阪城・桜門前の売店のかき氷は、完全に観光地価格で、1つ400円也(汗)

一人一つの水筒(2L×2個)を用意して行ったんですが、全然足りなくて(大汗)、途中でジュースやお茶、ミネラル補給のお菓子などを買い足し、ひどくエンゲル係数の高い公園遊びとなりました。

夜ならここまで暑くないんですが、子供にこの年から、夜、公園をうろつくことを覚えさせたくないので、老体にムチ打って、これからも昼間の公園で頑張ります。

(それから、大阪城公園にポケモンを捕まえに行く人にアドバイス。虫よけは絶対に持って行ってください。)

我が家は、私のスマホで、チビと私の2人一組でプレイしていて、「動きながらスマホは操作しない」と、「一人がスマホを操作している間は、もう一人は周りに気を配る」を徹底するようにしています。

で、ポケモンを捕まえている最中、道の隅で周りに気を配っていると、特に、年配の人(通りすがり)の厳しい視線と目が合うことがあります。

報道でなんとなく覚悟はしていましたが、あまりよく思われていないんだなぁ~、と実感すると共に、ますますマナーには気を配らねば・・・、と気を引き締める瞬間でもありました。

子供が飽きるまでの期間なので、いつまで続くか分かりませんが、これからもマナーを守りつつ、安全にゲームを楽しみたいと思います♪

最後まで読んで下さりありがとうございます。 この記事が何かのお役に立てたら幸いです!
 blogramによるブログ分析 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。