こどもと歩く大阪散歩ノート

ちょっと更新が空いてしまいましたが、PCがご臨終して、新しいパソコンを購入したら、なんと、SDカードを入れる場所がなく・・・

「新しいパソコン、速えぇ~!超感動!!」と、ウキウキになったのもつかの間、「写真が取り込めねーし!」と、目がテンに・・・(SDカードを入れる場所はあって当然、という思い込みがあり、購入時未確認でした(恥)。カメラの純正の転送コードは紛失したのでSDカード頼み。)


しかし、新しいパソコン、超早いですよ。今まで使っていたパソコンは何だったんだろう、って思います(今までのPCも、Intel Core i7でしたが、今度の新しいPCは、第6世代のi7(Skylake)。)

SSDに、Windows10を入れてもらったので、爆速になったのですが、残念ながら、私の頭の働きが遅いので、分からない事、慣れない事がいっぱいで、完全に宝の持ち腐れです(笑)

しかし、SSDは入ったのに、SDが入らんとは・・・(←ハイ!ここ笑う所w)

で、やっとこさ、写真を取り込める環境が整いましたので、 本日は取り急ぎ、『ホテル鳥羽・小涌園』の、室内設備レビューなど。

一部写真は、後日、改めてアップします(新しいPCでの慣れない作業で、加工&補正が間に合わず・・・、すみません)。

良い点も悪い点も、包み隠さずアップしてます。悪しからず、ご了承くださいm(_._)m

スポンサーリンク

冷蔵庫

ここのホテルの客室は、冷蔵庫が「空」なんです。これはうれしいですね~♪

空冷蔵庫の備え付け」については、申し込んだ時に説明書きで見たので、鳥羽駅のコンビニで、夜のお菓子と飲み物を沢山買って、冷蔵庫に入れました。

冷蔵庫の電源はオフになっていたので、特に夏場にチェックインする人は、お部屋に入ったらすぐ、冷蔵庫の電源を入れた方がよさそうです。

飲み物と、お茶菓子

顆粒用の『とうがらし うめ茶』と、『煎茶』のティーパックが置かれていました。

お茶菓子も当然あったのですが、洗面所を誰も使わないうちに、先に撮影してしまおうと席をはずしている間に、瞬間的に全部食べられてしまいました(汗)。

コーヒー・紅茶党の人にとっては、飲み物は少々寂しい品揃えですが、自分のお気に入りの飲み物を、自前で持っていくとよいと思います。

ポット

ここのポットは、1度に0.8L沸かせる『タイガー電気ケトル・わく子』

保温ができない、都度沸かすタイプのポットで、保温タイプのポットに慣れているジジババは、慣れるまで難儀していました。

個人的には、昔ながらの保温タイプのポットの方が、使いたい時にすぐにお湯が出てありがたいんですけど、これも時代なんでしょうか。

テレビ

テレビはパナソニックのビエラ、大きさは正確には分からないけど、このタイプのお部屋には、必ず32型以上の液晶テレビが配置されているそうです。

チェック・インの時に、その日のテレビ番組表がいただけるので、慣れない東海地方のチャンネルも、すぐ分かりました。

ネット環境

上のテレビの写真の左端にチラッと映っていますが、有線LANの回線があります。

あと、無料の無線LANもありますが、ソフトバンク限定なので、スマホやタブレット、3DSなどを、Wi-Fi接続して使うのは少々不便です。

1階のロビーに行くと、無料のネット環境がありますが、12月の夜の寒いときにネットのためにロビーに降りるのは、ちょっと避けたかった・・・。

有線LANを無線環境で使えるようにしてくれる、Wi-Fiルーターをお持ちの方は持参した方がよいでしょう。

↓色んなメーカーから出てるので、何でもいいんですが
↓例えば、分かりやすいので言うと、こんなやつ

⇒ 11a/b/g/n/ac対応・無線LANホテルルータ
WRH-S583WH[ELECOM(エレコム)]

私は『NAD11』という、Wimax2のルーター本体「だけ」を持っていったのですが、伊勢志摩は、Wimaxの通信が安定しなくて大失敗でした。

この『NAD11』のクレードル(充電スタンド)は、ホテルの回線に有線でつないでWi-Fi環境が構築できるのですが、クレードルセットごと一緒に持っていくべきだったと大反省です。

ホテルに限らず、鳥羽周辺のネット環境が、とても不便で不安定だったお話は、以前先んじて記事にしているので、ネット環境が気になる方は、よかったら下記の記事も参考にしてください。

過去記事(別窓でオープンします)
『三重県の鳥羽にWimaxのルーターを持っていく人は、エリア判定が○でも要注意

空気清浄機の写真

空気清浄機は、ダイキンの『STREAMER(ストリーマ)』

音は、結構大きめのような印象を受けましたが、お部屋でくつろぐのに気にならない程度でした。

洗面所・トイレ・風呂

最初にフォローのために言っておくと、私たちが泊まったお部屋がたまたま、水回りがハズレな部屋だっただけということで、水回りが綺麗にリフォームされたお部屋も沢山あるはずなので、そこは念のため強調しておきます。

ホテルレビュー第一回目で、「リピート確定なのに、マイナス20点とはこれいかに・・・」と書いたのは、ここの水回りがマイナス20点なのであって、この後、一時的に、レビューがかなり辛口になりますがご了承くださいませm(_._)m

水回りは、リフォームされてなくて、古さが目立ちました。

特にお風呂は、タイルやカラン、バスタブの劣化が激しくて、床タイルの汚れの固着もすごくて、ちょっと私的にアウト。

まぁ、大浴場に入りに行くので、浴室は使わないから、視界にはいらなければOKということで、写真撮影の後、そっとお風呂の扉を閉じました(笑)

アメニティや備品類も、一通りそろっていますが、少しチープな印象を受けました。私的な感想としては、特に歯ブラシはイマイチだったかな・・・

トイレは狭くて古いのですが、きちんと清掃されていて、ここはセーフだなとホッとして、天井を見上げると、換気口が埃だらけで鳥肌が立ちました。

(ちなみに、この後、客室の吸排気口を見に行ったら、トイレほどではないにせよ、あまりキレイではありませんでした。)

換気口って、クイックル・ワイパーみたいなモップで、気づいた時にササッとなでるだけで、年中キレイな状態を保てる場所のはずなんですが、これは、何年掃除を怠ったらこんな状態になるのか、ちょっと理解に苦しみました。

ここに換気口の写真が超ミニではいります。 削除済>

うちのチビは、アトピー&喘息っ子なので、この換気口はかなりショックで、普通の人にとっては「ホコリ位で死なね~し、細かい事言うなよ!!」ってレベルなんだろうと思うんですが

排気口がこの状態ということは、清掃に関する意識があまり高くないということに他ならず、喘息持ちの家族にとっては、旅行中、喘息発作が出ないかどうか、かなり不安の種になりました。

チビは小学校に入ってから、小児ぜんそくが軽くなったので、やっと気軽に旅行ができるようになりまして、和室のお部屋や、ソファのある洋室も、心配なく選べるようになりましたが、小さな頃は、気軽に旅行や帰省もできないほど大変でした。

今回も、宿泊予約や、チェックイン、食事の際は、お部屋が完全禁煙のお部屋か、とか、食事会場の分煙の状況など、たばこの件については質問&確認をしましたが、部屋のホコリの清掃度の件は全くノーマークで、喘息っ子のママとしては甘かったなと、自己反省しきりです。

話を戻すと、吸排気口がコレなので、当然、他の細かい所、見えない所の清掃不足は多々あり、本当は、100点満点で、マイナス50点位つけたいんですが、もしかしたら私が、お掃除に対して厳しすぎるのかもしれないという、喘息っ子持ち家族が持つ、清潔への許容度の特殊性を考慮して、マイナス20点にとどめました。

宿泊検討中で記事を見に来てくださった方は、この水まわりレビューが正直すぎて、泊まる気をなくしてしまわないことを祈ります(苦笑)

でも、我が家と同じく、喘息もちのお子さんのおられるご家族のためにも、ここは正直なレビューを書いておかねば・・・

なにせ私がこのブログを始めたのが、「チビが小さかった時、体の事情であまり気軽にお出かけできなかったので、まだ親離れしない今のうちに、子連れのお出かけを目いっぱい楽しみたいし、同じ立場の人にも参考にしてほしい。」という気持ちがきっかけだったので。

とにかく、ここのホテルのレビュー&評価が極端に分かれているのは、この設備の古さと、人それぞれの清潔さの許容範囲の違いが原因なんだろうな、と身をもって思い知ったのでした(ほかにも原因はあるんですが、それはまた食事のレビューの時に改めて)。

ということで、この後は、一転して、ホテルの回し者級の『楽しいレビュー』が続くので、ご期待くださいwww

小さなお子さん(特に、園児さんや、小学校低学年さん)がおられるなら、ぜひ、子連れで訪れてみたいホテルだと感じるはずです、と、一生けんめいフォロー(笑)

次回は、チビお待ちかねの、ホテル内の遊び場のレビューです。

⇒ 【ホテル鳥羽小涌園】の詳細はこちら

【ホテル鳥羽・小涌園★宿泊レビュー】(別ウィンドウで開きます。)

【その1】3世代旅行の宿泊先検討から、実際に予約を完了するまでの顛末
【その2】送迎バスでホテルに向かい、チェック・インしたお部屋
【その3】宿泊したお部屋の、設備・アメニティ関係レビュー(この記事)

【その4】ホテル内レジャー施設&子供の遊び場レビュー
【その5】夕食バイキング・レビュー

【その6】客室からの日の出と、朝食バイキング・レビュー


【番外編】『ホテル鳥羽小涌園』が、今年の9月で閉館のニュースを受けて、宿泊時の小ネタを公開。

最後まで読んで下さりありがとうございます。 この記事が何かのお役に立てたら幸いです!
 blogramによるブログ分析 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。