こどもと歩く大阪散歩ノート

【三重県・伊勢志摩&賢島旅行記】も、3回目。今日は、『ホテル志摩スペイン村』の宿泊レビューです。

こちらは、『パルケ・エスパーニャ』のオフィシャル・ホテルなので、宿泊する人も、ほぼ『パルケ・エスパーニャ』に行く人達ということで、子連れのファミリー比率がとても高いです。

前回にも触れましたが、『パルケ・エスパーニャ』のパスポートがあれば、ホテルとパーク間は出入り自由なのですが、専用通路を使えば、5分もかからないので、ものすごく楽させてもらいました。

そういえば、今年サミット会場になる『志摩観光ホテル ザ クラシック』『志摩観光ホテル ザ ベイスイート』も、共に、『パルケ・エスパーニャ』のオフィシャル・ホテルです。

 
大人の落ち着いた旅がお好みなら、『パルケ・エスパーニャ』から、少し距離は離れるものの、『ホテル志摩スペイン村』以外の、オフィシャル・ホテルへの宿泊がオススメです。

スポンサーリンク

『ホテル志摩スペイン村』は、どんな感じのホテル?

こちらのホテルの開業は、1994年。出来てから20年経っているので、ホテルの内装や設備は、若干古いのですが、全体的にホワイトが基調になっているので、明るい雰囲気になっています。

ホテルの規模としては、総部屋数252室と至って普通なんですが、建物が、中庭をぐるっと囲む構造になっているので、廊下が多くて、ちょっとしたダンジョンと化しています。

何のゲームかは、ここでの発言は控えますが、コスプレ・イベントとか、ゲーム・イベントとかやったら、けっこうお客さんが来るような気がします。(ゲーム・オタ的発想ですみません。) 

出入り口も多いので、方向音痴の人は注意が必要ですが、各所にオシャレなスペースがあるので、館内探検をしても楽しめると思います。

ちなみに、私も、お風呂(ひまわりの湯)からの帰り道に、館内で道に迷ってしまいました(汗)

チェックインから、お部屋まで

ホテル内フロント周辺は、スペイン風の内装で、とってもオシャレで、フロント・カウンターも広くて、スタッフさんもたくさんおられました。

でも、私たちは、ツアー客が一斉にチェックインする時間帯だったので、大勢の人で大混雑になっちゃいました。

お部屋は2人部屋。客室の広さは、40平米で、2人だと、かなりゆったり過ごせます。

ただ、禁煙ルームなのに、なぜか煙草臭かったのが、ちょっと残念でした。(昔の新幹線とかタクシーの車内みたいな匂い)

お部屋のベランダからは、少し遠いですが、海が見えました。

広いホテルなので、海が見えるお部屋と、中庭が見えるお部屋、プールが見えるお部屋など、色々あるようです。

ホテルは、20年前に作られたにしては、パブリック・スペースも客室も、共に、ゆとりをもって広めに作られています。

1994年というと、バブルがはじけた少し後の、まだ景気のいい時代の名残がある頃なので、きっと気前よくお金をかけて作ったものと思われます。

『ホテル志摩スペイン村』の、食事と温泉

夕食と朝食は、共に、バイキングですが、味は不味くはないけど、正直、特に美味しくもない、という「可もなく不可もなく」という印象。

団体用に、まとめて作った業務用のお料理が並んでいる、という印象しか持てなかったんですが、ホテルの宿泊料から考えると、お値段相応と言っていいかもしれません。

ただ、夕食後に、またパレードを見にパークに行くので、 そんなにお腹一杯まで食べられないですし、ゆっくりしている時間もないので、空腹を満たす目的から考えると、何ら不満はありません。

朝は、集合時間が早かったので、大急ぎで食べたので写真はありませんが、朝食に関しても、夕食と同様の感想です。

料理の品数や量は豊富で、料理待ちのストレスなどは、全くなく、会場も広いので、開放的な雰囲気の中、食事がいただけました。

天然温泉の『ひまわりの湯』は、 夏休み中というのもあってか激混みで、浴場内の洗い場に座るのに、全員スッポンポンのまま行列を作らないといけない位で、ゆっくり入った気がしなかったです。

私は長年生きてきて、お風呂の中で体を洗うのに行列を作ったのは、後にも先にも、この一回きりです(爆笑★)

ただ、これは私の予想ミスによる自己責任で、 『パルケ・エスパーニャ』の閉園と共に、一斉にお客さんが『ひまわりの湯』に向かうことは、想定して予定を立てるべきでした。

『パルケ・エスパーニャ』が、あまりにも過疎ってたので、宿泊者数も少なく見積もってしまい、ちょっと油断してしまいました。

ちなみに、じぃじとチビの入った男性の風呂は、混んでいたけど、洗い場に並ばないといけないほどでもなかったとのこと。

なので、女性の風呂は混みますので、男のお子さんは、お父さんやおじいちゃんに任せてもいいかもしれません(もし任せるなら、普段お風呂に子供を入れ慣れている男性であることが、前提条件ではありますが)。

あとは、閉園時間よりもちょっとだけ先に帰って温泉に行ったり、閉園後はお部屋の風呂で済ませて、翌朝早起きして温泉に行ったり、と、ピーク時の混雑を避ける工夫もアリかな、と思います。

『宿泊レビュー』のまとめ・総評

あらためて、自分の書いた上記の内容を見てみると、あまりいい評価じゃないですね(苦笑)

『パルケ・エスパーニャ』があんなに過疎ってたのに、なんでホテルが混んでるのか、とツッコミたくもなるのですが、理由は分かりませんが、夏休みの繁忙期だった、というのは大きいかもしれません。

チェックイン、食事、温泉、全てが混雑していて、スタッフさんとのコミュニケーションも事務的にならざるを得ず、「また来たいな~♪」という強い印象を持つに至る場面がなかったんですね。

逆に考えると、チェックインとアウト時以外、スタッフさんとかかわる事もほとんどないので、けっこう自由で気軽な感じで宿泊できるホテル、ともいえるかもしれません。

『パルケ・エスパーニャ』に行くなら、オフィシャル・ホテルは色々ありますが、子供がいる人には、利便性や気軽さの面では、『ホテル志摩スペイン村』が、一番お勧めのホテルですね♪

⇒ 【ホテル志摩スペイン村】の詳細はこちら<楽天トラベル>

ということで、次回は、『賢島』の【志摩マリンランド】のレビューです♪

【三重県・伊勢志摩&賢島旅行記】(別ウィンドウで開きます)

【その1】近鉄『かぎろひ』に乗って、伊勢志摩へ♪
【その2】『志摩スペイン村』で、1日目を過ごしました。
【その3】『ホテル志摩スペイン村』宿泊レビュー」
【その4】賢島『志摩マリンランド』ペンギン・タッチ&バックヤード見学レビュー
【その5】恥ずかしすぎる遊覧船に乗って、『イルカ島』へ

最後まで読んで下さりありがとうございます。 この記事が何かのお役に立てたら幸いです!
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。