今日の記事は、ひとまず速報という形で、天保山からメール投稿でお届けし、帰宅してから、追記という形で、再更新させていただきます(21:40再更新済)。

今日の大阪市港区は、雨が降ったり止んだりの、あいにくのお天気で、海沿いの天保山岸壁は、特に肌寒いです。

気温は26度位あるみたいなのですが、気温とか関係なく、風が涼しいです。

と思っていたら、時々日が射して、蒸し暑くなったり、なんだかややっこしいお天気…

この後21時半出港予定に向けて、夕方からお越しになる方も多いと思うのですが、念のため、夜は、はおり物を一枚お持ちになった方がよさそうです(特に女性の方!)

ちなみに、今日の私の服装は、ノースリーブのロングキャミソールの重ね着に、混麻ニットの長袖カーディガン、そして首元に日焼け止めストールを巻いています。

どうせキャミを重ね着するなら、せめて下の一枚目は半袖にするべきだったと、激しく後悔しております。

ボトムがジーンズ&スニーカーで、日焼け止めの手袋を持って来ていたのが、幸いでした。

でも、お天気の悪さを差し引いても、『クアンタム・オブ・ザ・シーズ』の美しさと実物のスケールは必見ですので、迷っている方は、ぜひ天保山岸壁までお運びください。

では、後ほど改めて・・・

↓ ここから、追記 ↓

スポンサーリンク

大阪港駅から天保山までの風景

今日は、かなり前から、有休を取ることを宣言していたのですが、月末ゆえ、なかなか思うとおりにいかず。

結局、午後から半休で天保山に向かったので、12時の入港には間に合わず、大阪港の駅に付いた頃には、既に入港していました。

デカっ!道路の行き止まりにそびえているのが、『クアンタム・オブ・ザ・シーズ』。観覧車の半分位までの高さで、まるでビルみたいです。

水面からの高さが70メートル近くあるそうなので、ちょっとした高層マンションですよね。

岸壁近くまで来ると、船の全体が見えてきました。鳥肌が立ちそうな位、大きいです。

まずは、渡船に乗って対岸に渡るため、天保山公園に向かいました。

このお天気のせいか、思ったよりも、人は少なかったです。

3月に、『クァンタム・オブ・ザ・シーズ』の記事(『アジア最大の客船『クァンタム・オブ・ザ・シーズ』が、今年は大阪にやってきます♪』)で、テレビで見た第一印象を「カサ高くて、あまり上品に感じない」とか言ってしまいましたが、訂正します。

すごく上品でした(変わり身早すぎwww)

色も、シックなペールブルーとホワイトのツートン・カラーで、とっても素敵です。

この日は、あいにくのお天気でしたが、カリブのカラッと晴れた海で見たら、それはそれは美しい船だろうな、と思いました。

 対岸・桜島からの光景

ここで、渡船に乗船し、対岸の桜島に渡ります。渡船乗り場については、後編でご紹介します。

対岸の桜島というのは、USJのある島で、渡船乗り場から、USJのジェットコースターやホテル群が見えます。

ホテル群の手前で、なにか新しい施設を建てていますね~。何だろう。今度、また調べておきますね♪

桜島側に渡ると、船の全体が見えますが、行き交うサルベージ船やタグ・ボートが、小舟に見える位大きいです。

真ん中のタグ・ボートの上に、作業員さんが一人見えます。作業員さん、客船見物の特等席ですね~、うらやましい♪

船の後方にチラッと見える帆船は、『サンタマリア号』ですが、こちらも同じく、小舟に見えてしまいます。

パノラマ撮影をしてみると、また違った感じで、スケールを感じることができます。

渡船が天保山側からやってきたので、桜島を後にして、また、天保山側に戻りました。

天保山に戻った瞬間に、晴れ間が見えてきました(汗)。日ごろの行いが悪いんでしょうか、私www今度は、船の後ろ側に回ります。

特徴のある形ですよね。最近の新しい船は、こういうデザインが流行っているんでしょうか。

ガラス貼りの所は、ホールかな?クルーズ中のお客さんは、きっとここから、パノラマの海を堪能できるんでしょうね♪

ということで、前編はここまで。駆け足でのご紹介でしたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

残りの写真の補正&加工、特急で頑張りますので、もしよかったらまた、見に来てくださいね♪

◆ ━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━━…‥…━…━‥… ◆

大阪よりさかのぼること4日前。2016年6月24日に
北海道・室蘭港に、『クァンタム・オブ・ザ・シーズ』が寄港した様子
ブロガーの、スティーヴィー・よんだー 様が、レポートしてくださっています。

同じ船でも、大阪で見るのとはまた違った
幻想的で、雄大な雰囲気の中にたたずむ様子を見ることができますよ。

ぜひ、下記の記事も、併せてご覧くださいね。

スティーヴィー・よんだー 様のブログ
【My Diary -ひ・と・り・ご・と-】

クァンタム・オブ・ザ・シーズ 初入港 ^^

◆ ━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━━…‥…━…━‥… ◆

【クァンタム・オブ・ザ・シーズ:関連記事】
天保山に『クアンタム・オブ・ザ・シーズ』がやってきました!【前編】
本日、船の動画アリ♪★天保山に『クアンタム・オブ・ザ・シーズ』がやってきました!【中編】
天保山に『クアンタム・オブ・ザ・シーズ』がやってきました!【後編】&2016年後半の天保山・客船寄港予定

【天保山:関連記事】
『ホテル・シーガル てんぽーざん・大阪』周辺情報【日本一・低い山じゃなくなった「天保山」】

スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

  1. いいですね~
    室蘭に24日に立ち寄って行ったのですが、天候は悪いし・・・
    立ち入り規制もあるので、こんな風に好きなアングルからの撮影がままならないのですよ~
    近々わたしもアップしますが、
    やはり、りんママさまの画像の方が断然 画になりますね、
    羨ましいです^^

    • スティーヴィー・よんだー さま、こんにちは(^o^)

      コメントを、ありがとうございます。

      >室蘭に24日に立ち寄って行ったのですが、天候は悪いし・・・
      >立ち入り規制もあるので、こんな風に好きなアングルからの撮影がままならないのですよ~

      室蘭への寄港の際も、雨だったのですね~。

      そして、立ち入り規制があるのですね・・・

      天保山は、比較的近くまで入っていけるのですが
      とにかく、狭いのが難点です。

      (船の全長と、岸壁の全長が、ほぼ同じという・・・(汗))

      でも、室蘭の港は、北海道屈指の大きい港なので
      さぞかし雄大な写真が撮れることでしょうね。

      >近々わたしもアップしますが、

      そうなのですか!?

      室蘭港に停泊している『クアンタム・オブ・ザ・シーズ』のお写真
      ぜひ、拝見させていただきたいです!

      (実は、いつか室蘭の港と工場の夜景を見に行くのが夢です)

      記事のアップを、楽しみに待たせていただきますね♪

  2. こんにちは。
    よんだーさんのブログ経由でクアンタム・オブ・ザ・シーズの見学に参りました。
    本当に大きな船なんですね。比較するものが映っていると良く分かります。

    • カノッチさま、こんばんは。

      そして、はじめまして(^o^)

      仰る通り、とても大きな船で
      見ている間に感覚がマヒしてくるのですが

      人やボートなど、比べる対象が近くに来ると
      対比ができて、実感しやすくなりますね。

      北海道の、雄大な自然の中に佇む姿と
      大阪の、狭くてゴチャゴチャした中に佇む姿と
      同じ船でも、場所によって雰囲気が違うのも不思議です♪

      よんだー様のブログから
      わざわざお越し下さったとのこと
      ありがとうございます。

      カノッチさまのブログにも
      また、ぜひお邪魔させてくださいね。

      このたびのご縁に感謝をこめて★彡