さて、ホテル・レビューも、ついに最終回。『ホテル鳥羽小涌園』名物の、お部屋からの日の出と、朝食バイキングのレビューです。

スポンサーリンク

日の出がお部屋からキレイに見えました♪

こちらのホテルは、1階の目立つ場所に日の出時間と場所の案内板があったり、チェックインの時にいただくしおりにも「明日の日の出時刻」が、手書きで書き加えられているほど、お部屋からの日の出が自慢のようで・・・

日の出の位置って、あんまり意識したことなかったんですけど、1年でこんなに場所が違うんですね~。地球って、やっぱり大きいんだ・・・と、実感した瞬間でした。

で、せっかくなので、これは見なければ・・・と、柄にもなく早起きして、撮影したのが冒頭の写真です。

朝6時前に起きて、朝風呂に行って、お部屋で日の出を見ました。

この日の日の出は、朝7時前位で、日の出の瞬間の太陽が岬にかかってしまうのですが、1月、2月、10月11月は、海から太陽が出てくる瞬間を見ることができるみたいですね。

太陽が出て完全に朝を迎えると、こんな感じの風景になります。あまりに綺麗な風景で、 パノラマ撮影なんぞ、してしまいました(笑)

ホテル鳥羽・小涌園の朝食バイキング・レビュー

そして、日の出見学も終わった、7時半ごろに、朝食会場に向かいました。

朝食会場は、前日の夕食バイキング会場の窓のない宴会場と打って変わって、開放感のある、海側がガラス張りのレストラン。

まだ7時半でしたが、会場の窓際の席は、あとテーブル2つを残すのみで、窓際の席がいっぱいになるところで、ギリギリセーフでした。

チビとジィジは、洋食メニューで、私とバァバが、和食メニューをいただきました。

なぜか、洋食なのに、お箸でいただくチビ。人が一杯のため、ウィンナーやベーコンが、カウンターからなくなってしまうのではないかと、そわそわと落ち着かず、ばぁばが、もう一皿、取りに行く羽目に(笑)

朝食会場は、ちょっと狭めで、人が多くてあわただしかったので、メニューの写真はあまり撮れませんでした。

写真を取り損ねたんですが、パンの種類は多かったなぁ~。洋食派の方は、パンが多いと、うれしいですね♪

ここの朝食バイキングの特徴は、好きな干物を、その場で焼いてもらえること。とっても香ばしくて、いい香りが漂っていました。・・・が、あんまりオーダーしている人はいなかったです。

朝早かったので、急いでいる人が多かったのかもしれませんね。

朝食バイキングは、総合的に、美味しく、まずまずでした。洋食メニューも、美味しかったそうです。
(「まずまず」の理由・・・美味しいものと、美味しくないものの、差が激しかったので、なんとも言い難いからwww)

食べ終わって、レストランの外に出たら、人がたくさん待っていました。朝食の会場が、ホテルの規模の割に小さいんでしょうね。

朝から並ぶのはちょっとなぁ~という方は、日の出を見ついでに、早めに会場に向かった方がいいかもしれません。

そんなこんなで、この後、お部屋に戻って、ゆっくり休憩した後、10時前位に、チェックアウトしました。

最初は、宿泊レビューの評価もイマイチだし、昭和っぽくて古いホテルだなぁ~、大丈夫かなぁ~?と思ったのですが、結果的には、もう一度、夏にまた子供を連れて来たくなるホテルになりました。

子連れや、孫連れの方には、ホテル内のアクティビティも含めて、オススメのホテルです。
規模の大きいホテルなので、繁忙期(ハイシーズン)には、宿泊費も上がるし、人がいっぱいになるしで、お値段の割にサービスの質が低下するタイミングで、レビューの評価が分かれるんだろうな~と感じました。

このホテルに限らず、伊勢志摩は(というか、おそらく有名な温泉地はどこでも)、すべてが観光地価格で割高なので、コスパがイマイチだと感じる人が多いのは、仕方がないことなのかもしれません。

私たちのように、閑散期(冬休みが始まったばかりで、お正月の前の中途半端な時)に行けば、ゆったりした時間が過ごせるホテルなのではないでしょうか。

とはいえ、冬の閑散期では、プールやプライベート・ビーチが楽しめないので、夏場の平日に行けると、一番お得で楽しいホテルなのかもしれませんね♪

以上、『ホテル鳥羽・小涌園』の宿泊レビューでした(^o^)/

⇒ 【ホテル鳥羽小涌園】の詳細はこちら

【ホテル鳥羽・小涌園★宿泊レビュー】(別ウィンドウで開きます。)

【その1】3世代旅行の宿泊先検討から、実際に予約を完了するまでの顛末
【その2】送迎バスでホテルに向かい、チェック・インしたお部屋
【その3】宿泊したお部屋の、設備・アメニティ関係レビュー

【その4】ホテル内レジャー施設&子供の遊び場レビュー
【その5】夕食バイキング・レビュー

【その6】客室からの日の出と、朝食バイキング・レビュー(この記事)


【番外編】『ホテル鳥羽小涌園』が、今年の9月で閉館のニュースを受けて、宿泊時の小ネタを公開。

スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。