こどもと歩く大阪散歩ノート
 

先週、残業続きにつき、頂き物のレトルトカレーが夕食に登場しました。

スポンサーリンク

頂き物のレトルトカレー、その名は『十勝幸福行ビーフカレー』

『十勝』と『幸福』という地名が、10勝して幸福になれそうな
非常に縁起のいいネーミングで、ゲン担ぎにピッタリなカレーです♪

『マルハニチロ』から、主に通販で発売されているレトルト製品で
北海道で育った牛肉や、北海道産の野菜で作られた、ご当地カレーなんです。

『北海道加工食品フェアー優秀賞』を、受賞したこともあったり
スーパーのレトルト・カレーよりも、少しお高めだったりで
期待に胸をふくらませ実食したのですが、可もなく不可もなく
何か特筆すべきこともなく、フツーのレトルト・カレーでした(笑)

しかし。

『フツーのカレー』を、決して侮ることなかれ!

飽きがこなくて、しつこくもなく、むしろマイルドで
具が大きくてゴロっしているのって、なんだか『おうちカレー』みたいで
お母さんが作ってくれたカレーみたいな、【安心感】があります。

夜食にも食べられそうな位、マイルドなお味なので、
今の時期なら、ゲンを担ぐ『受験生さん』にもオススメです。

『普通』って、あんまり褒め言葉に聞こえないかもしれませんが
家庭で食べるカレーに関して、『普通』とか『いつもの』という感覚は重要ですよね。

お子さんに出す時は、「十勝って漢字が、なんか常勝できそうで縁起いいよね♪」
とか、素晴らしい未来を連想しながら、出してあげてください。

十勝花子さんとか連想して吹いてしまわないよう、くれぐれもお願いします。

ちなみに、この緑のパッケージは『中辛』なのですが
小学生の我が子が気に入ってしまい、2つ(1人1個)しかないのに
お代わりをせがまれて、私のカレーを少し分けてあげる羽目に・・・
(私の残りご飯は、仕方がないので生卵をかけて食べました(笑))

幸福駅ってほんとにあるの?どんな駅?

で、『幸福』の駅って、どんな駅?ということなのですが
今は廃線になっている旧国鉄の駅で、今は観光地化されているんだそうです。

幸福駅(こうふくえき)は、日本国北海道(十勝支庁)帯広市幸福町にあった日本国有鉄道(国鉄)広尾線の駅(廃駅)である。
広尾線の廃線に伴い1987年(昭和62年)2月2日に廃駅となった。
駅名の縁起の良さから乗車券や入場券などで有名であり、廃止後も観光地として整備されている。 <Wikipediaより引用>

ちなみに、地名の由来って、何なんだろうってすごく気になったのですが、
ウィキペディアによると、下記のような歴史が、背景にあるんだそうです。

近隣を流れる札内川は、広大な河原のわりには水量が少ない。そのためアイヌ語で「乾いた川」を意味する「サツナイ」と呼ばれていた。1897年(明治30年)、福井県大野から集団移住が行われ、入植者によって拓かれた村には幸震の字があてられた。「ナイ」に震をあてたのは、地震のことを古語で「なゐ」と呼ぶためである。しかし難読であるため、次第に音読みで「こうしん」と呼ばれるようになった。その後、幸震には福井からの移住者(「福井団体」という)が多かったことにちなみ、集落名が幸福と改められた。 <Wikipediaより引用>

・・・と、なんか複雑で最後まで読んでられないのですが、つまりは

(1)「サツナイ(アイヌ語)」

(2)本州からの入植者により、漢字があてられ
幸震(さつない)

(3)読みにくさ故、漢字の通りに読みを変更して
幸震(こうしん)

(4)「幸震(こうしん)」に、福井から移り住んだ人が多かったので
幸福(こうふく)」と、改名された

って、ことみたいです。

(1)から(3)までは、分からなくもないですが
(3)から(4)って、けっこう無理やりですよね(笑)

前に地名を入れるのは、よく見かけますが(まさに「十勝花子」」さん)
後ろに地名を入れるのは、珍しいような気がします。

ヨーロッパから来たから【琴欧州 】って名付けた、みたいな感覚?(笑)

でも、元々住んでいたアイヌの人は、どんどん本州からの入植者が増えていって
地名の表記が漢字に変わったと思ったら、力技で地名ごと変わってしまって

一体どんな気持ちで、自分たちの土地の移り変わりを見続けてきたのかな~
なんて、レトルトカレーひとつで、100年以上前のアイヌの人の気持ちにまで
思いを馳せてしまう、ちょっと変わり者の、りんママなのでした(笑)。

最後まで読んで下さりありがとうございます。 この記事が何かのお役に立てたら幸いです!
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
スポンサーリンク

関連記事&広告

コメントありがとうございます!

コメント

この記事へのコメントはありません。